2015/3/19

「桐蔭高校」という校名の由来  短歌

我が桐蔭高校のセンバツでの第1回戦の組合せが決まった。大会2日目の3月22日(日)の第1試合で、相手は強豪の愛媛県立今治西高校である。相手にとって不足はない。大会開始後初めての日曜日ということもあって、観客はさぞや多いことだろう。

ところで、紀州藩の藩校の流れもくむ県立和歌山中学を母体とする我が桐蔭高校の名前は、戦後新制高校になってすぐにつけられたものとしてはハイカラ過ぎてとても県立高校のものとは思ってもらえず、「どこの私学ですか?」と聞かれることが多くて辟易としている。そこでその校名の由来を調べてみようとした。

ところが私より先に同じことを考えた3年先輩がいて、関係者に教えてくれた。それによると、戦後の教育改革を主導したGHQが、旧制和歌山中学が「文武両道」でにおいてあまりにも県内で突出したエリート校であったため、和歌山を代表するような名前を認めなかった、というものである。特にGHQにとっては、真珠湾攻撃の際の駐米大使の野村吉三郎氏も、大使館参事官の井口貞夫氏も共に和歌山中学の出身者であり、和歌山という名前を有名校にはつけたくなかったという背景もあった、と伝えられている。

和歌山中学は明治12年創立だから今年で創立136年となる。野球だけでなくボートなどのスポーツでも全国有数と言われた時期があった。野球については、昭和天皇が皇太子の時代に和歌山中学の試合を観に来られた際に造られたコンクリート造りの天覧席が今も残っている。地元ではそれほど格別な存在だったのである。

大先輩には南方熊楠(博物学者)、高橋克己(農学者、ビタミンA抽出)、小川琢治(京大教授、貝塚茂樹・湯川秀樹さんの実父)、有吉佐和子(作家)、井口新次郎・小川正太郎・西本幸雄(いずれもプロ野球、野球殿堂入り)、西田修平(棒高跳びメダリスト、後に日本陸連理事長)、最近では黒沢良(俳優・声優)、竹中平蔵(元・金融財政担当大臣、慶大教授)などがひしめいている。

こういう校名の逸話や「文武両道」の校風を持つ伝統校のチームとして、恥ずかしくないゲームを期待したいものである。

「和歌山の伝統名誉を継ぎたるを力に変へて感動を呼べ」

「和歌山に文武両道継承す桐蔭高の夢よ再び」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ