2014/12/30

歳を取ると怒りっぽくなるのか?  短歌

人間というものは、歳を取ると怒りっぽくなるのか、と最近ときどき考えることがある。どうやら自分自身にその傾向がありそうだと感じたことが契機である。車を運転しているときもそうだし、都心の地下街などの雑踏でもすれ違う人たちの行動を許せなくなったり、ちょっとしたことに妙に腹が立ったりすることが増えた気がする。

要はわがままになり、周りを許したり気を配る余裕がなくなっているようなのだが、どうやらそれは年齢のせいであるように思える。というのは、24年前に亡くなった親父が歳と共に極端に怒りっぽくなったことを時々思い出すからである。

また寒がりになったことも、親父と似てきたようである。親父は初冬から早々と長袖のシャツと股引を履いていたし、布団には電気毛布を入れ、厳寒期にはその上に湯たんぽや足暖用の豆こたつまで入れていた。年齢と共に体重が少なくなり痩せていたことも影響したのかもしれない。

体重と言えば、私は先日、数年ぶりに風邪をこじらせて数日間寝ていた。一番ひどい時には39.9℃の高熱が出たので、さすがにフラフラとしていた。そのせいで約1週間はお酒を控えたところ、何と3キロも体重が落ちた。そうなると辛抱が効かなくなって短気になった気がする。

人間というものはどうやら歳をとると同じような傾向に陥りやすいのかもしれない。怒りっぽくなるのも寒がりになるのも、身長が縮むのも体重が落ちるのもそうなのかもしれない。70歳という若さでこの世を去った親父だが、自分がその年齢に近づいたせいか、何かにつけて時々フッと親父のことを思い出すのである。

「年末を控へ寒さに向かふとき亡父(ちち)に似てきた我の振るまひ」

「三十歳離れし亡親父(おやじ)の古希のころ我は仕事に必死なりしも」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ