2014/8/15

清々しき完敗  短歌

先週の土日は2日間とも難関の国家試験のひとつである中小企業診断士の一次試験を受けた。1日目は「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」の4科目、2日目は「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の3科目、合計7科目の試験であった。

人事のコンサルタントといえども中小企業のクライアントからの要望は単に人事に関するものだけにとどまらず幅広い知識や専門性が求められるものである。長く関わってきた人事や人に関する知識と経験にはいささかの自信があるものの、財務や情報システムなどには十分な自信はないので、よりクオリティの高いコンサルティングを目指すためこの試験に挑戦したのである。

昨年秋から梅田近くの専門学校に通い始め、基本的には毎週日曜日の朝から夕方まで、それに出席できなかった週には平日の夜の補講に出席するコースを選んでいた。しかしながら仕事や趣味その他の都合で出席率は半分くらいであったろうか。昨年は子供のいない伯母の急逝とその対応のため受験そのものも見送ったので実際の受験は今回が初めてであった。会場には多くの受験者が出席していたが、通学コースの際と同じく実際の受験者も30代から40代の男性が中心で、女性の姿も1割程度見られた。

受験後数日して模範回答がネットで公開されていたので、自己採点をやってみたところ、7科目ともすべて不合格という結果であった。まさに完敗である。2科目だけはあと一歩というものであったが、完敗は完敗である。合格率が20%に満たない国家資格に挑戦するにあたって、授業にも半分しか出席せず、それ以外の予習も復習もしなかったわけだから当然の結果である。やはり国家試験を舐めてはいけないことを再認識した。

が、まあこのほうがよかったのかもしれない。大した勉強もせずに1科目でも受かっていたとしたら舐めたままでいたかもしれないからである。完敗によって改めて3年計画で達成しよう、重点的・戦略的に勉強しよう、との決意ができたからである。先ずは比較的得意の3科目の来年合格を目指し、次の年には別の3科目合格を、そして次の年にはすべての科目で合格し、2次試験に挑戦しよう。捲土重来を期す。

「還暦を過ぎて資格に挑戦をすれど結果の惨憺たるを」

「難関の国家試験の不合格 完敗なれば何故か清しく」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ