2013/12/30

ドラマ「あまちゃん」における音楽の効用  短歌

今年の流行語大賞に「じぇじぇじぇ」が選ばれるなど、今年はNHKの朝ドラ「あまちゃん」が世間の耳目を集めた。東北だけでなく多くの人が元気になれたのではないだろうか。

大ヒットの功労者は脚本家の宮藤官九郎であり主役の能年玲奈だが、そのオープニングテーマの作曲家・大友良英さんの功績も見逃せない。

少し風変わりな音と曲だなあと思っていたが、今日のテレビによればそれもそのはず、あまり一般的でない楽器がふんだんに使われていたようだ。

テーマ曲だけでなく主人公の二人が歌った「潮騒のメロディー」や「地元に帰ろう」も大友さんが作曲に関わっていたそうだから驚いた。

もとより音楽の効用については言うまでもないが、あの風変わりなテーマ曲は聞いているだけで身体が動き出すと言っていた人が多かった。

つまりは元気にさせられたのである。音楽には不思議な力がある。来年も音楽との関わりを大切にしていきたい。

「ことだまの力はまさにすごけれど音楽の力それに勝れり」

「あまちゃんの人気の秘密その中でうまく活かせる音楽さらに」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ