2013/9/1

コンビニ戦争が始まったぞ  短歌

数ヵ月前から建設工事をしていたコンビニがようやく完成し、先日オープンした。いよいよ我が家の隣の先輩コンビニと国道をはさんで向かい側の後輩コンビニとの「コンビニ戦争」が始まったのである。店の広さはほぼ同じくらいで、敷地の中央部に建てた建物の両側に駐車場を配置するレイアウトも先輩コンビニと同じである。

開店からの3日間はオープニングセールと称して、いくつかの商品はサービス価格になっていたせいか、なかなかの集客状態であったようである。しかしながら開店4日目の朝からは客足も少し落ち着いたようで、駐車する車の台数もいくらかまばらになってきた。

近隣住民としては駐車場の混雑が分散化されるし、先輩コンビニに入庫するためにすぐ横の信号のある交差点をUターンする車が減ったので、混雑や交通安全のためにはむしろ状況改善になったと言える。さらには、気のせいか先輩コンビニの従業員の愛想が少しは良くなったようにも思えるのはいいことである。

それにしても、コンビニ業界の競争は熾烈なものがあるなと感じた。何しろ、競合店の目の前にほぼ同じ規模の店舗を新規開業するのだからかなりえげつないやり方だと思うし、まさにコンビニ戦争と言える状況である。私自身は顔なじみで隣接している先輩コンビニの応援をしているのだが、2店舗の競争がどんな推移をたどるのか、当分は目が離せない。

「コンビニの向かひに新たなコンビニの店開かれて闘ひ始む」

「コンビニは生き残りかけ競ふとや話に聞けどげにすさまじや」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ