2013/7/28

3Dプリンターはプリンターなのか?  短歌

最近3Dプリンターが脚光を浴びている。その可能性に目をつけたオバマ大統領もアメリカ産業活性化のためのPRに一役買っているほどである。

3Dプリンターとは、MRやCG技術などにより得られた三次元データを積層して樹脂で立体物を生成するプリンターのことで、わかりやすく言えば歯車のような精密な部品やグリコのおまけのフィギュアのような立体的なものも簡単に作り上げることができるプリンターのことである。

つい最近、日本製のプリンターが発売された。マニュアルが日本語だし、一年間のメーカー保証もついているので人気が出ているらしい。しかも従来100万円以上したものが20万円を切ったために結構な人気を呼んでいるらしい。

ところで、これはもはやプリンターと呼ぶべきなのだろうか。かつて電子計算機と呼ばれたコンピュータが今や単なる計算機ではなく様々な機器やシステムの制御器となっている実態に鑑みると、それはむしろ造形機と呼ぶべきではないだろうか。

そう、この機器はプリンターすなわち印刷機ではなく立体的な形をつくる造形機と呼ぶのが相応しい気がする。実際、主要部品には造形台というものもあるくらいだから、造形機または立体成形機というのが適切な気がする。

かつてのコンピュータがそうであったように、最初はなかなか人々に理解されなかったが理解した人たちが次々とその活用方法を見出してどんどんと素晴らしい進化させてきた、こういうものこそが「イノベーション」と呼ぶにふさわしい気がする。この3Dプリンターにも同じにおいを感じ取ったのは私だけではあるまい。

「日を追ひて新しき価値産み出せるそれをこそ呼ぶイノベーションと」

「人間の叡智は既に立体を生成できる技術を得たり」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ