2013/8/29

スポーツジム体験入会の巻  短歌

私の住む市内に、市が経営するプールとスポーツジムのできる施設がある。以前から水泳をやりたいと考えていたので、先日施設の見学をさせてもらった。通路からひと通り見せてもらって、パンフレットをもらって帰ろうとしたところ、男性職員が「ちょうど来週から2週間、通常の半額くらいでできる体験入会が始まりますよ」と教えてくれたので、その申し込み書をもらって帰った。

いよいよ体験入会の期間が来たので早速その施設に出向いてジムとプールを体験してみた。初めは自転車こぎの機械に座ってみた。私がかつて使った機械とは使いやすさや計測ソフトの面でかなり進化している印象を受けた。またウォーキングマシーンは、ほかの施設と同様に歩行面に傾斜がつけられるし、他には階段状のステッパーもあるので、山登りのための脚力を強化したい人にも最適である。

ひと通り器具類の体験をした後、プールのほうにも入ってみた。6コースくらいのうち3コースは大人用のレーンで、その中も長距離水泳用と、短距離(途中で立ち止まってもよい)用と、水中歩行用とに分かれていた。実はこれでも小学5年生の時に和歌山市の海岸に設置されていた水錬学校で、紀州の古式泳法「岩倉流平泳術」の免許を所有している。当然ながら、途中で立ち止まってはいけない長距離用のレーンに入って平泳ぎを始めた。

ところが、何ということでしょう。その平泳ぎができない。両手で水をかいても十分には浮かず、両足で水を蹴っても前へは進まないのである。つい焦ってしまったものだから一層バタバタ泳ぎになってしまったのには愕然とした。海水と淡水の浮力の違いは承知していたが、私だって海だけでなくプールでも泳いだことは何度もある。それなのにうまく泳げないということは、もう何年も泳いでいなかったために泳ぎ方を忘れてしまっていたのであろう。

その後は水中歩行用のレーンで30分ほど速足で歩き、シャワーをしてから帰宅したが、帰宅後もうまく泳げなかったことによるショックはなかなか消えない。2週間の間に2回通ってジムの雰囲気にも少しは慣れてきたので、正式に入会することにした。しばらくサボっていた山歩きのためのトレーニングを強化するとともに、少しずつでもいいから平泳ぎを思い出し、クロールも基礎から学び直したいと考えている。

「六十路過ぎ身体鍛へる目的は脚力強化と肥満対策」

「かつてなら死ぬまで泳ぎ続けると豪語したのも夢のまた夢」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ