2013/5/30

官民のサービスの違いの一例  短歌

先日、あるセミナーの受講料を振り込むために郵便局(ゆうちょ銀行)まで出かけた。通常は近くのATMから通帳やキャッシュカードを使って振り込むのだが、今回は自分の氏名の前にセミナー番号6ケタを入力する必要があったので、郵便局まで出かけたのである。

セミナー番号の入力についてはATMでも氏名入力画面で「英数」ボタンを押せば入力できることは教えてもらえてわかったのだが、困ったことに、他行口座への現金での振込みについてはATMでも窓口でもできないと言われた。仕方ないので、自宅への帰路にある地方銀行の支店でダメ元のつもりで試してみたら、そこでは現金での振り込みはもちろんセミナー番号の入力も何らの問題なくできたのである。

他行口座への現金での振り込みができないというゆうちょ銀行のルールは、一体何からきているのであろうか。こんな不便なことが顧客サービスからということはあり得ないし、現金を引き出そうというのでなく逆に振り込もうとするのだから犯罪防止などセキュリティの観点もなさそうである。となれば誰のために、また何のためにそういうルールを決め一般銀行との違いを生んでいるのだろうか。

私なりによく考えてみたが、結局はその理由は不明である。思いつくところでは、それはシステムの不完全さか、あるいは何らかの犯罪につながった場合のゆうちょ銀行側の責任逃れのためとしか考えられない。いずれにしても、現状は極めて不便であるし不可解で不愉快である。何らかの早急な改善を望みたいところであるが、何かにつけ悪い意味でのお役所体質の郵便局には期待できそうにない。

小泉首相の時期にせっかく郵政民営化まで実現できたのに、亀井氏その他の郵政族議員の反転攻勢に遭って元の木阿弥になってしまった。民営化になった時も元に戻った時にも国民の税金が無駄に使われたのである。その結果といえば上記のように顧客不在、サービス感覚ゼロの殿様商売である。今一度、本格的な民営化を果たすしか改善の余地はないのではあるまいか。

「この国の役所はどこを向きたるか顧客に背を向け平然とせり」

「お役所のサービス業務はすべからく民営化にて改善進まん」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ