2013/4/15

ミズバショウの南限  短歌

ミズバショウというと誰もが思い浮かべるのが尾瀬や北海道ではないだろうか。それもそのはずで、ミズバショウは日本では寒い地方や高原などでよく育ち、暖かい地域ではあまり見られない。

その南限は、一般的には兵庫県養父(やぶ)市とされているのだが、温暖化の影響かどうか最近では養父市よりもかなり南の大阪府と奈良県の境目に位置する私市(きさいち)のキャンプ場にも群生しているのを数年前に見つけた。

昨年もそれを見るためにハイキングに出かけたのだが、4月末であったため見ごろはとっくに終わっていた。このため、何とか最盛期のミズバショウを見たいとばかりに、今年は2週間早めて出かけることにした。

キャンプ場のすぐそばの八ッ橋と呼ばれる小さな湿地帯には、果たしてミズバショウは咲いていた。管理人に聞けば、今年は昨年よりさらに2週間くらい早かったそうだが、我々の行くのを辛うじて待ってくれていたようだ。

ミズバショウの花は育ち過ぎて大きく開いており、可憐なという表現は似合わないくらいであったが、それでもミズバショウはミズバショウである。尾瀬や高原まで行かずとも、近郊の低山で気軽に見られたのだから、満足である。

来年はもう少し時期を早めて、最盛期のミズバショウを見たいものである。

「北国の雰囲気醸す水芭蕉はるか南で健気に咲けり」

「早起きし今年こそはと行く吾に辛うじて待つ水芭蕉かな」

  くろんど園地第2キャンプ場近くの八ッ橋に咲くミズバショウ
 クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ