2013/2/26

ドック健診を受診して  短歌

会社勤めをしていたころは従業員の皆さんに定期健康診断をもれなく受診するように勧める人事部の立場であったし、さらに健康保険組合に勤務の時代には人事部にその推進をお願いしたり全社の健康づくりのお手伝いをしていた。

従って、どんなに忙しい時期でも健康診断を欠かしたことがなかったのだが、会社勤めを辞めてからは誰からも督促されず自分自身で受診の時期や内容を決めなければならないので、ある年度に一度だけ受診しなかったことがある。

それを反省してからは毎年の誕生日の月にドック健診を受診するように決めている。昨年度はオプションの脳ドックを受けたし、今年度は初めて胃カメラ、しかも経鼻式カメラを体験することにした。

幸いなことに中小企業での3年間の勤務を終えて独立してから75才までは元の健康保険組合の特例退職被保険者(略称:特退)になることができたので、国民健康保険より保険料も安いし、ドック健診の案内状が毎年送られてくるのがありがたい。前期高齢者となった今年度からはますますそのありがたさを感じることだろう。

嬉しいことに、先日受けた今年度のドック健診の結果は、どこにも異常が見つからなかった。胃もきれいだし、骨密度も20代平均の98%のレベルだと聞かされた。ただ残念なのは、中性脂肪がやや高くメタボ予備軍だと指導されたことである。現役時代はグループ全社の社員とその家族を対象に健康づくり活動の推進責任者をしていただけに恥ずかしい思いをした。気づいたときが百万両とか、最近サボり気味であった腹筋運動やウォーキングを強化しなければなるまい。

「ドキドキと高鳴る胸で結果聞く一年ぶりのドック健診」

「健康は公私の生活基盤とて年に一度の健診受けむ」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ