2012/12/23

「人生時計」という考え方  短歌

セカンドキャリアの講師をしている中で私が使うツールのひとつに「人生時計」という考え方がある。これは、人生80年を一日24時間に置き換えてみるというものである。つまり、午前0時を0歳とし、24時を80歳とする考え方である。

これに従えば、大学を出て社会人として仕事を始める23歳のころが出社時刻の午前7時、脂の乗ってきた40歳が正午12時、将来のことを考え始める50歳が午後3時、一般的な定年の来る60歳が終業時刻くらいの午後6時、人生の深みが増す70歳が午後9時、という具合である。どうだろう、一生の年代と一日の時間とが不思議と一致してくる気がしないだろうか。

セカンドキャリアの研修の場合、受講者は50歳過ぎの人が大半なので、「今は午後3時、午後の休憩かおやつの時間くらいですね。さてこの後あなたはどういう時間の使い方をしますか?あと3時間無難にこなして定時で帰りますか?または夜遅くまで残業ですか?それともこれまでの延長上の仕事ではなく、新しい仕事に着手しますか?」というような質問を投げかけていく。

因みに、ある研究によれば、20歳から60歳までの40年間の平均的な労働時間(睡眠時間と食事時間は除く)は約10万時間だそうで、これは60歳から80歳までの生活時間の長さとほぼ一致するそうである。不思議な一致だが、ここでまた私は受講者に問いかけるのである。「さて残された30年という時間は、あなたにとっては『まだ30年もある』でしょうか?それとも『もう30年しかない』でしょうか?」と。

答えの分布は毎回微妙に違うが、トータルすれば大体半々くらいになるようである。私の場合は、新年が明けて2月には65歳になる。平均寿命からいえばあと15年くらいか。「えっ、もうそんなくらいしかないの?」というのが正直な実感である。従来以上に1日1日を大切にして充実した人生を送りたいものである。

「一年を八十年の人生に置き換へてみる人生時計」

「歳とれば一日が長く一年が短くなると先達の謂ふ」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ