2012/10/25

なぜブログを続けるのか?  短歌

このところブログへの書き込みがグンと減ってしまった。以前なら間が空いてもせいぜい3日間くらいであったものが、最近ではひと月くらい空いてしまったこともある。

その理由の一つには今年の後半は仕事が忙しくなってきたことがある。昨年度からの大手企業でのセカンドキャリアの研修講師のほか今年の後半は同じく大手の農業関連企業の技術者活性化のテーマが入ってきたため、山歩きなど好きな趣味に割く時間も制限されがちなのは確かに事実ではある。

また書きたいネタもないわけではなくむしろたくさんある。しかしながらペンが進まないのだから、それは単に忙しいだけが理由とは思えない。

やはり書くことには大きなエネルギーが要ることが主な原因であるのではないだろうか。これは先輩社長のブログが私のブログ以上に長い間中断されていることからも肯ける事実である。    

だがたとえ大きなエネルギーが必要であったとしても、私は書き続けたいと思っている。それは、このブログに書き続けることによって自分の考えやその時々の心情を自分にぶつけるだけでなく、読まれた方からの反応もある程度知ることができるからである。

発信方法としては、今では face book などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もよく利用されてはいるし、現に私もそれらに加入はしているが、私はどうももうひとつ入り込むことができない。どうやらこの種の発信方法にも自分に合うリズムというか相性に似たものがあるようだ。

それは一方的な発信だけのように見えるが、読者との間で交わされる一つのコミュニケーションだからではないだろうか。私にはブログがちょうどいいコミュニケーションツールなのである。

「書くことのよさと悪さはあるものの書ける喜び優るものなし」

「書くことは己の心情吐露せるを他人に問ひて会話すること」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ