2012/6/29

恩師の逝去を悼む  短歌

先日、私が所属する短歌の同人の木かげ会のある先輩から何度も電話がかかっていたので何ごとかと思っていたのだが、何度かの入れ違いのあとようやくつながったその電話の内容は、つい先日まで2代目の会長であった谷澤龍史先生が19日に亡くなったとの訃報であった。享年93オであった。

実は、今からまだ1ヵ月も経っていない5月の末に谷澤先生は咽喉癌と闘病中の身を押して新潟から大阪まで出て来られ、関西支部8名との歌会にお元気に出席されたばかりである。お元気にとは言うものの、その声にはいつもの張りはなく、愛用のベレー帽をかぶりいつものキャリーバッグを引いて、翌日の奈良か京都への小旅行について語られる姿はなかった。

しかしながら今回も、いつもどおりの博識と、とても93才とは思えないシャープな頭の回転で、出席者の歌に即興で批評と改作を指導してくださっていた。それは言わばスーパーマンあるいは怪物というほうが当たっているかもしれない。

前にも書いたが、木かげ会というのは、都の西北で知られる「早稲田大学校歌」や「カチューシャの唄」、「春よ来い」の作曲家である相馬御風の門下生の同人である。谷澤先生も、三波春夫がレコードで出した「おまんたばやし」ほか多数の学校校歌を作詞されたり、いくつもの受賞をされたり、永年の学校長での功績ほかにより勲四等も授与されている。

残された我々のなすべき役割は、相馬御風とその遺志をみごとに伝えられた谷澤先生の志を引き継ぎ伝えていくこと以外には考えられない。それこそが先生の偉大な功績とこれまでのご恩に報いる唯一最大の責務であろう。弟子である私自身が大きく成長して、先生と同じように一人でも多くの人に我々と同じ感銘、共感を感じてもらえるようにすることしかない。それこそが私に課された課題であろう。

そうこうしていたら昨日、6月1日付で私費出版された「人生旅ごろも」という谷澤先生の著作集が郵送されてきた。小学校時代の教え子がお世話をして発刊にこぎつけたものである。著書の添え状には、内科医師の見落としにより末期の咽頭癌の発見が遅れ、手術も放射線治療も抗がん剤治療のすべてが不可となり、残るは痛みの緩和ケアと週末のホスピスケアのみと告知された経緯がしたためられていた。

壮絶な戦死である。絶望と想像を絶する痛みや苦しみのあまり一時は自殺まで考えたそうである。直前まであんなに体力もあり、頭の回転もシャープであっただけに、無念でならなかったのであろう。

慎んでご冥福をお祈りするのみである。

「新潟に生まれ御風に師事したる我が師龍史の足跡想ふ」

「愛らしきベレー帽をば被りたる恩師の訃報に手を合はすのみ」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ