2012/4/30

京都企業はなぜ独創性が高いのか  短歌

ある友人から勧められて「京都の企業はなぜ独創性が高く業績がいいのか」という本を読んだ。著者は京都企業の代表格の一つである堀場製作所の現・社長の堀場厚氏である。確かに京都には、任天堂、京セラ、島津製作所、ローム、村田製作所、オムロン、日本電産、ワコール、タキイ種苗など独自色の強い企業がひしめいている。

堀場氏によると、京都の企業が独創性が高く不況の中でも高収益を生み出せる理由は、自分の「強み」を知り抜き、その強みを伸ばすためには絶対に妥協しない「こだわり」を持ち続けているからだという。その経営姿勢が結果的に「差別化戦略」につながり、自社の事業の「付加価値」を高め、それぞれの市場で圧倒的な優位を保つことにつながっているのである。

考えればこれらは何も京都企業だけに限った特長ではない、しかし京都には「日本の原点」とも言うべき生活様式や考え方あるいは「価値観」が色濃く残っているというのが堀場氏の主張である。京都企業はモノづくりのプロとしての「職人的な独特の感性」すなわち室町時代から500年以上続いてきた「モノづくりの職人文化」を持っているからだとしている。

その原点にある日本人の「強み」とは、同じ価値観や情報を共有して「グループ・ダイナミクス(集団力)」を発揮できるということであり、定形化されない曖昧な指示や情報を現場レベルでうまく調整して処理する能力に長けていることである。それらは日本の危機とも言うべき昨年3月の東日本大震災の際に発揮され、海外からも大いに賞賛されたところである。

ではなぜ京都には日本人の強みが残されているのだろうか。それは千年以上の長きにわたりこの国の「都」であった京都だからではないか、そしてある意味では京都はまだ「都」としての意識を持ち続けているからではないか、その強みを保持し育む「風土」が根づいているからではないか、と私には感じられた。

「この国の千年の古都今もなほ都としての機能保てり」

「京都には高き文化と文明を築きし誇りしかと残れり」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ