2011/8/23

有言実行の人  短歌

私の周りには有言実行の人が多い。このブログにもたびたび登場する登山同好会のS医師や先輩社長などはその典型である。

例えばS医師は、宴会が大好きでしかも何でも残さずに食べる健啖家である。魚などは身はすべて食べ切るのはもちろん魚の種類によっては骨までしゃぶり尽くすくらいである。しかしそういう食べ過ぎた日は必ず一駅か二駅遠くまで余計に歩いてカロリーを消費させてから電車に乗って帰っている。

またあの先輩社長は、何ごとにおいても計画的で、毎年の事業計画の作成とその実行への執念は人並みではない。そればかりか、若いころから死ぬまでの「人生のロードマップ」まで作成していて、自分の人生を4段階に分けている。今はその第3段階で、仕事を辞めた後の家族と趣味三昧の時期が第4段階になっている。

私の友人にはそういう人が他にもいる。また不言実行の大切さを説く人もいる。しかしながら私は、あるべき姿や目標を宣言して実行計画を立てその実現に向けて最大限の努力をする有言実行のほうが難しく意味があると思う。

口だけの評論家が多い中で、お手本の人が周りに何人もいるというはありがたきことである。友に学ばねばならないことはたくさんあるが、私が一番学ばねばならないのは、この有言実行の姿勢と努力である。

「人前で己の目標公言し愚直に果たすことの気高き」

「人生のロードマップを自作してその実現を目指す尊さ」
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ