2011/6/7

持つべきものは先達  短歌

先日、先輩社長からお誘いがあり、昨年度の決算と今年度の事業計画についての検討会をやろうということになり、とある駅前の喫茶店で2時間あまりにわたって論議を交わした。

先ずはお互いの決算書を交換しあって、感想や意見を述べ合う。共に赤字決算ではあるが、二年目と実質一年目の決算とでは中身がずいぶんと違うことに気づく。次に今年度の事業計画についても大手のクライアントを持つ先輩社長のそれはさすがにみごとな迫力のある内容である。

検討会のほとんどの時間は私の事業計画について費やされることとなった。起業後ますます磨きのかかった彼の舌鋒は冴え渡り、当方はただうなづくだけの場面がほとんどである。いつもどおり、本質からついてくるし大局的な視点から戦略や目標が語られるので、いちいち納得するのみである。

おかげで、モヤモヤしていた部分がきれいに整理された。また「自社らしい特長をつくれ」「それを他人の前で披瀝して意見や感想を聞く場を設けよ」という彼のアドバイスにはすかさず賛同した。

持つべきものは友という側面から見ていた彼を、この度は、持つべき先輩社長として改めて尊敬し直している私の姿がそこにあった。

「何ごともあらまほしきは先達よまして慣れざる事業にあれば」

「先達のことばは常にストレート無駄なくそつなく遠慮なく」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ