2011/3/24

「想定外」を許していいのだろうか?  短歌

東日本大震災の影響による福島県の原子力発電所のトラブルが世界中の注目を集めている。それは原子力発電の推進に大きなマイナスイメージを与えてしまった。その責任は極めて大きい。

その事故に関する電力会社の説明を聞いていると、「想定外」という表現がよく使われるし、「想定外」と言えば何となく許される雰囲気すらある。しかし果たしてそれでいいのだろうか?

人間の身体や人命に大きな被害を与える可能性の高い原子力を敢えて扱うかぎりは、あらゆるケースを想定し何重にも安全対策を施しているべきではないのか。それこそ想定外のことすら想定したものでなくてはいけないのではないだろうか。

もちろんそれが簡単なことでないことは私にもわかるが、「想定外」ということばを使えば罪が許された気になっていないのだろうか。また我々も何となくわかったような気になったりやむを得ないという気持ちになっていないのかがひどく気がかりである。

「事故のたび理由に挙がる"想定外"それを許して事故は減るまじ」

「安全は想定外のその上を想定してこそ守らるるべし」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ