2010/10/30

学生のファシリテーター  短歌

先日、あるNPO法人の一員として、近畿経済産業局の主催による「学生と社会人との交流セミナー」を見学させていただく機会があった。将来の就職先として大企業ばかりに目を向けないで中小企業にも目を向けさせて、就職希望の学生と、若い学生を一人でも多く採用したい中小企業とのマッチングを図り、少しでも就職率の向上を図りたいというのが主催者の意図であったようだ。

土曜日にもかかわらず、会場には京阪神から30名近い大学1〜2年生の学生が参加していた。6社の中小企業のトップや幹部からの会社説明のプレゼンのあとは、会社ごとに分かれて6社の幹部と学生との質疑応答を行う交流会となった。

ここで登場したのが「ファシリテーター」と呼ばれる言わば進行係である。6社に1名ずつ張りついた彼らもまた大学生であるという。京都や大阪の、大学コンソーシアムのメンバーで、3〜4年生のボランティアである。

最近は各大学の中で就活を終えた4年生がボランティア組織を作って、後輩たちの就活を支援する活動が浸透している。それは自分の母校での実例を通して知っていたが、その大学横断バージョンがあることは今回初めて知った。

いずれのケースでも、参加しているボランティア学生たちの表情はイキイキとしていて、やらされ感はない。むしろみんなが溌剌としておりその表情には満足感さえ感じられる。

先輩が後輩の面倒をみたり指導をする組織の代表格であったクラブ活動の停滞が伝えられる。その中で、こういうボランティア活動に参加する学生が意外に多いということを知った。自発的にやる仕事は楽しくまたやりがいがあるということを若くして体験している若者たちを見て、まんざらでもないなあと感じて帰宅の途についた。

「先輩が後輩達の面倒を進みて為すこそ微笑ましけれ」

「先輩が後輩教へるスタイルは昔はクラブ今ボランティア」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ