2009/5/31

建築家という仕事  短歌

日経新聞の「私の履歴書」は、磯崎新(いそざきあらた)さんの記事が今朝で掲載が終わった。

これもお恥ずかしい話だが、私は磯崎新さんという建築家のことはこれまでほとんど知らなかった。従って掲載が始まったころは全く関心がなく、ああこの30回分はパスだな、と感じていた。ところがそうは言っても自然に目に入ってくるので、何となく読み進んでいくうちにぐいぐいと引き込まれていったのである。

私はまた、「建築家」という仕事、職業に対しても誤解をしていた、あるいはよく知らなかった。彼の師匠である丹下健三さんや、先輩である黒川紀章さん、後輩である安藤忠雄さんなどについては、名前くらいは知っていたのだが、磯崎さんの履歴書を読み進めるに従って、それらの人がどんな人であったのかを知ったばかりでなく、磯崎さんのすごさを思い知らされた次第である。

「建築家」というものは、アーキテクトだから単に家や建物を設計するだけでなくその構造を考えるものというくらいの知識はあったのだが、そうではなくて、その仕事がひとつの地域や一大イベントや国を挙げてのビッグプロジェクトの基本構想についてまで及ぶもので、まさに無から有を生み出す「創造者」でもあることを知った。例えば、私が大学卒業後社会人となった年である1970年に大阪で開催された万国博までもが彼らの手によって基本構想が創られたことを初めて知ったのである。

もちろん、私のこれまでの認識のとおり、単に一軒の住宅の設計だけをやる建築家も多いのかも知れないが、こういう、哲学者かと見まがう建築家もいることを知った驚きは、まさに目からうろこの印象であった。このことを昼食時に、ある都市銀行出身の経理部長のNさんに話したところ、彼はもともと理系出身でかつ建築家を目指していたことがあったそうで、磯崎さんのことはよく知っていて、新聞に掲載されていなかったことまでたくさん教えてくれた。おかげで私は、Nさんについても今まで知らなかった一面を知ることができた。

60才を超えた今、まだまだ知らないことが多いことに愕然とした反面、感じたことは思い切って口に出してみることの重要さを思い知ったできごとであった。

「イベントや都市の構造つくるのは建築家とふ人の意思なり」

「図書館や博覧会の生みの親は建築家とふ創造者なり」
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ