2010/7/31

久しぶりの甲子園球場  短歌

昨夜は久しぶりに甲子園球場に出向き、優勝争いを続ける我が阪神タイガースに喝を入れてきた。幸いにも一昨日からの雨は止み、昼前からはすっかりとナイター日和の好天となっていた。こうなると、日焼け止めと暑さ対策が重要である。

球場前のダイエーで弁当と氷を買い込み、試合開始の10分前には改修されたアルプス席の前から三列目の指定席に陣取って先ずは腹ごしらえである。冷えた生ビールがたまらなくうまい。試合が始まるころからは、生ビールが入っていたカップに友人が持参してくれた焼酎と氷を入れ水割で応援を開始する。友人の細かな気配りと準備が嬉しい。いつの間にかナイター照明が点り、芝生の緑が一層きれいに見える。

試合は1回表にいきなり2点を取られ阪神がそれを追うこととなった。相手は、僅差で2位の巨人を前日に破り勢いづくこれまた僅差で3位の中日であるが、3日前に首位を奪還した阪神の勢いは止まらない。2回裏には連打で同点とし、4回裏には城島健司が決勝点となるホームランを左翼席に打ち込み、あとは虎の子の1点を守り切る展開となった。

緊迫した8回表二死で抑えの藤川球児がアナウンスされると場内にはどよめきが起き、「投入が早過ぎる。」という声も周囲で聞かれたが、私は「早くはない。それだけ重要な試合なんだ。」と真弓監督の作戦を支持した。今朝の新聞にも、昨日からの中日、巨人、中日との9連戦の初戦を落としたくなかったという真弓監督談話が掲載されていた。やはりそうだったのだ。

ところで、7回裏と試合終了後に飛ばされるジェット風船の数はものすごい。5個で200円の風船だが、レフトスタンドのごく一部を除いてすべて阪神ファンでそのほとんどの人が飛ばすのだから4万人くらいが2回とすると、300万円くらいがあっという間に飛んでいくことになる。これでほんとに不景気なのかと首をかしげたくなる。

それにしてもやはり野球は球場で観戦するのがいい。テレビではわからない試合の雰囲気や臨場感が味わえるからである。たまには球場に足を運ぶようにしたいとつくづく感じた。

「プロ野球声をからして応援を送る醍醐味球場ならでは」

「改修後風の流れも変はりたる甲子園ゆゑ試合も変はる」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ