2010/7/27

CDA2次試験の勉強会スタート  短歌

8月21日と22日の両日行われるCDAの2次試験(各人はいずれか1日のみ)に向けて、各地で一斉に勉強会が始まった。私の参加する勉強会も先日からスタートしたが、そこは大阪でも一番大きな会らしく、京都や彦根や金沢からの参加者も含めて何と44名もが参加していた。参加者の内訳は、男女半々くらいで年代も20代から60代まで広く分布しているが中心は30代から40代であろうか。職業柄も、大学職員、ハローワークやジョブカフェ勤務者、企業人事担当者、人材ビジネス勤務者など様々である。

全国での受験者数が毎回700名くらいらしいので、その6%強の人が参加していることになる。それを4名の先輩CDAが中心となって指導してくれるのである。今回は第1回目なので、2次試験の目的や内容、試験の進め方や留意点などの解説が中心であった。後半では実際の試験の模擬演習も行われたので、参加者全員の目は真剣そのものであった。終了後の参加者の評判はなかなかよく、中身の濃い勉強会であったように思われる。

冒頭の自己紹介の中でも触れたのだが、私自身の参加目的のうち最大のものは、長年の人事担当者や管理職経験者が陥りやすい「クセ」をなくすこと、弱めることである。即ち問題を解決しようとしすぎるクセ、聞き手であるCDA中心の質問を出しやすいというクセが出ないようにすることである。次回からは、全員が実際に模擬演習を体験するロールプレイイングが主体の勉強会となるので、そういう目的意識を強く持って臨みたいと決意を新たにした。

「真夏日に老若男女の集まりて共に目指すはキャリアの資格」

「苦労せる資格取得はゴールではなくこれからの道具のひとつ」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ