2010/5/31

冷や汗の決算・法人税業務  短歌

今日は5月31日で、会社としての決算に基づく法人税申告の期限日である。以前からわかっていたことではあるのだが、生来の呑気な性格というか間際まで放置する悪い癖のせいでなかなか手をつけることができていなかったものを、ようやく最終日の本日、提出を終えることができた。

起業して初めての年度だしその期間もまだ半年間だけの変則期間なので、当然ながら赤字決算であるから法人税はゼロではあるのだが、提出(申告)をしないとペナルティがくるから期限内には申告だけは済ませておかないとややこしくなるのである。前日には、どうしてもわからない点が残ったので、日曜日で申し訳なかったのだが友人の税理士さんに思いきって電話をして確認をさせてもらえたおかげで、どうやら恰好だけは整えることができ、税務署へ提出してきた。

最終日でしかも週明けの月曜日だからさぞや窓口は混雑しているだろうと覚悟していったのだが、あにはからんや税務署は閑散としていたので少々拍子抜けした。思うに、3月15日は個人の確定申告なので人が多かったのだが、今回は法人税なので、大阪府などと比べて奈良県には企業数が少ないからなのかもしれない。とまれ、法人税ゼロは確定したので、続いて県税事務所へ向かい申告書を提出、次には市役所へ戻って申告書を提出したあと、銀行へ行って県税と市税を納付して一連の業務は完了した。

決算書や申告書の内容には多少の間違いや不備があるかもしれないので税務署から確認や訂正の連絡が入るかもしれないが、法人税がゼロという結論は変わらないだろうから、この作業が終わったことについてホッとしている。会社を運営する者の義務として来年度以降は何とか収支トントンにし、その次の年度には少しでも納税できるようになりたいものだと、のど元過ぎれば何とやら、早くも意欲を燃やし始めた現金で身勝手な私である。

「納税は国民の義務あたりまえなれど手続き難しければ」

「初めての会社決算赤字ゆへ免除されたり法人税は」
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ