2010/4/29

あれからもう1年ですか  短歌

昨日ふと気づいて、このブログの第1回目を見直してみた。日付は2009年4月26日であった。そうです、これを書き始めてからちょうど1年が経ったのです。「自分に『はじめまして!』」と題した第1回の記事は、私が先輩から勧められて1年半前から短歌を始めたことと、その上達のためにはできるだけ多くの人に作品を公表して大いに恥をかきそこから学ぶこと、そのための手段の一つとしてこのブログを始めたことを伝えていた。

短歌も一人前になればその背景などをいちいち説明しなくても十分なのだろうが、気の向くままに我流で作歌している私のような初心者にとってはその歌を詠んだ背景や伝えたかった気持ちを補足説明する必要性があるし、仮にそうでなくても記録としての価値はあるので説明つきの短歌も悪くはないかと考えて始めたものである。その程度の軽い気持ちで始めたものだから、こんなに長く続けられるとは思っていなかったし、1年間で230件も書けるとは夢にも思わなかった。230件と言えば3日に1件の割合である。

こうして1年が経った今まず思うことは、短歌というものの腕前は全く上達していないなあということである。それは、短歌が先にあって即ち主題が先にあって、しかる後にその解説をするという当初考えたスタイルになっていないからであろう。ブログというものがまさに日記と同様にこんなに気軽に書けるものなので、ついつい心に浮かぶよしなしごとを徒然なるままに書き綴りやすいからかもしれない。感じたことをダラダラと書き、それを短い文章で言い直したものがここでの短歌になっているのである。即ち短歌ではなくブログを書くことが主目的に変わってきているのである。これでは本末転倒かもしれない。

しかしながら、それはそれでもいいのではないかと思っている。短歌を始めたきっかけも自分のその時々の心境や感じたことを何かの形で残しておきたいと願ったことであったのでそれもいいか、これも自分のスタイルなのだから、と考えることにした。現に、この1年間には実にいろいろな経験をした。中でも半年前の前職の突然の退職は自分自身にとっても青天の霹靂であった。またそれ以上に周囲の人達に大きなご迷惑をおかけした事件であった。しかし今ではあの退職に関わった人達全員に感謝している。そしてその後も多くの方々のご支援やご配慮があってここまで立ち直れることができた。さほどに、書き残しておきたい心境にかられる事象が次々と出てくるのである。

そんなわけで今後もこのブログは従来どおりの展開をしそうなので、「短歌集」の発刊には縁遠くなってしまったが、ある程度の件数がたまった時点でブログの製本化は検討してみたいと思っている。あの先輩社長のように。

「つれづれに書き綴りたるこのブログ一年続くと誰ぞ思わん」

「つれづれに心に浮かぶよしなしを書き綴りたるブログに頬ずり」
2



2010/5/1  22:21

投稿者:シュッシュ北村

北村です。いつもありがとうございます。
おかげさまで、何とかやって来れています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
北村

2010/5/1  7:00

投稿者:マイク岩崎

シュッシュさん、ブログ開設から早や1年ですか。日記に短歌をつける新しいスタイルは新鮮です。その結果が幅広い読者を獲得してこられたと思います。これからも短歌の腕を磨かれて、先ずはブログの製本化、いつの日か短歌集のまとめを期待しています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ