2010/4/14

「同志」的結合  短歌

本日は、先般リピートオーダーをいただいたお会社の検討会に出席させていただいた。4月以降の新しい年度に臨み、先日各メンバーがそれぞれ作成された自己開発計画の、全員での共有化の場であった。同時に、私にとっては彼らとの今後の関わり方を再確認できる場でもあった。

その場ではそれぞれからフランクな意見や提案が飛び交い、一部では激論もあったのだが、横で見ていて感じたのは全員の求めているものが共通している、即ち「志」が共有できている、ということであった。本日はたまたま海外出張その他の事情により全員出席というわけにはいかなかったものの、経営トップはじめ出席者全員の考え方の深いところでの一致が明確に見えたことは、そのお会社への支援を担当させていただいている者としては心強いかぎりであった。

同時に、私も含めたメンバー全員に「同志」的結合が形成されている実感がして、非常に有意義で嬉しいひと時を過ごすことができた。私のライフワークは「人と組織の活性化」であるのだが、この企業における私の役割が明確に見えてきた一日であった。この半年間は真剣勝負で厳しい半年であろうが、同時にワクワクとする楽しみな半年となりそうである。

「それぞれの進むべき道共有すその志同じなるゆへ」

「客先の人と組織の活性化担当する身が活性化され」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ