2010/3/30

リピートオーダーのありがたさ  短歌

昨日はあるお会社の、新年度の目標管理の個別面談に立ち会うため、そこを訪問してきた。そのお会社とは昨年度から中堅社員の能力開発の仕事を受注させてもらっており、この3月末でひとまずの区切りを迎えていたのだが、引き続き新年度の受注、即ちリピートオーダーをいただいたわけである。

今回は、社員のやる気を向上・持続させるための仕組みづくりと個人別カウンセリングの仕事である。経営的に厳しいこの時期に人材育成など社員のことにお金をかけようとするくらいだから、たいした経営者であり、頭が下がる思いである。道理で、この経営者は顧客先からの信頼が厚く、商売だけでなく様々な相談にも乗ることが多いらしい。その結果、こんな景況にもかかわらず何とか赤字は出さずに持ちこたえているそうだ。

実は、このお会社の他にも当社が継続的に人事顧問を担当させていただいているメーカーがある。ここは当社としての第一号の契約先である。このお会社も赤字は出さずがんばっておられるのが共通点である。おかげで、私としてはやりたいことがやれるし、当社としても一息つけるわけであり、こういう時期にも拘わらず仕事がいただけるのは何ともありがたいことである。

リピートオーダーがいただけるということは、最初の仕事に満足していただけた、あるいは私の仕事に信頼あるいは期待していただいているということであり、私にとってはこれほどありがたいことはない。

またそのほかにも2件ばかり、私を講師として登録したいと言っていただけるお会社が現われた。関係の方々のご恩に報いるためにも、私にできる精一杯のお手伝いさせていただく覚悟である。


「今どきの景気の厳しさものかはのリピートオーダーげにありがたき」

「人々のやる気高めることこそが会社を伸ばす道と知りけり」
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ