2009/12/31

墓参りと温泉で一年を締めくくる  短歌

今日は大みそか・・・、早いもので、2000年代に入ってから10年が過ぎたことになる。本日はその最終日なので、母親と恒例の墓参りに出かけた。我が家の墓は、和歌山市内の中心部に近いところにある。我が家が第2阪奈道路という自動車専用道路のインターチェンジのすぐ近くなので、マイカーなら1時間少々で墓のある寺に行ける。

今年の5月からこのブログを書き始めたのだが、その後の半年で実に様々なことが展開した、変化の激しい一年であった。墓の中に眠る父親にも報告すべきことはたくさんある。しかしながらそれらの激動の事象も、友人、知人、関係先、家族などの温かい励ましと支援があったればこそ何とか乗り切れたのだが、私にはそれだけでなく目に見えない何者かにも守られてきた感じがするのである。それが我が祖先なのか、守護霊なのか、神様なのかははっきりとはわからないのだが、何か見えざる者によって見守られ導かれてきたような気がしてならない。墓の前では、そういうすべての人達に向かって心から感謝の念を込めて報告して感謝の気持ちを供えた。

帰宅後は、家内と二人、車で10分の音の花(ねのはな)温泉に出かけた。ここは泉質がいいので評判の温泉である。温泉はいつもよりお客が多く、受付も浴場もごった返している。露天風呂に出てみたら外気の寒いこと、それもそのはずで気温は2℃しかない。しかし頭は寒いが身体中は温かく気持ちがいい。

温まったあとは自宅に帰り、デスクの前の壁に掛けたカレンダーも新らしいものに掛け替えた。来年のカレンダーは秋に母や家内とバス旅行した信州の上高地のカレンダーである。これですっかりと新年を迎える準備は整った。来年もどうかいい年でありますように。

「激動の半年を無事乗り切れて我れ深々と墓前に報告」

「激動も過ぎ去りみれば未来への足固めとふ準備期間か」
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ