2021/12/25

法律と政府組織はスクラップ・アンド・ビルドするべきだ  短歌

総額35.9兆円と過去最大の2021年度補正予算が成立したのは12月20日のことだが、これを追いかけて24日には2022年度予算案が閣議決定され、21年度補正予算と併せた16ヵ月予算として編成された一般会計の総額は143兆円を超える。

この中で気になるのは、補正予算の中でいくつもの「基金」の新設や積み増しに使う支出が少なくとも3.7兆円と、全体の1割を占める点である。この「基金」というのが曲者で、通常の予算に比べて監視の目が働きにくいため、歳出増の隠れ蓑になる懸念があるからである。

昨年度のコロナ対策の補正予算においても、給付金の支給業務を担当官庁が何段階も下請けや孫請けに委託や再委託して、システムエラーの原因や責任を不明確になったり、執行率が低く次の年度に回されるということが発生するなど、いい加減な事態が発生したことは記憶に新しいできごとである。

補正予算は、1回限りの支出という理由もあって甘くなりがちだという面があるようだ。さらに「基金」は、予算の単年度主義にとらわれないため長期にわたり機動的に財政出動できる反面、額ありきで需要が過大に見積もられやすい、という面を持っている。基金の乱立などにより監視が甘くなり高額な無駄を生む今のやり方は、国民の血税を軽視したものであり、一部の癒着業者と介在する政治家や官僚を喜ばせるだけである。

こういう状況を惹き起こしている原因の一つは、日本の法律や政府関連組織が「ビルド・アンド・ビルド」の一方であり、その結果法律も組織も複雑怪奇になってその全貌が誰にもわかりにくくなっていることがあるのではないか。ここにこそ大きなメスを入れて、スクラップ・アンド・ビルドを推進してくれる政治家は現われないものだろうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ