2020/11/20

アニメ映画「鬼滅の刃」を観て  短歌

先日封切りされたアニメ映画の「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の評判がたいへんよく、映画観客動員ランキングと興行収入が5週連続で首位だとか過去最高の売上だと聞いていたので、どんなものか観てみたいという気になり、一昨日にフラッと予約をして昨日映画館に出かけてきた。

平日の午前中であるせいか、大きなショッピングセンターのビルの4階にあるその映画館は、観客はさほど多くはなくガラガラで、目を凝らせば就学前の幼児連れの母親のほかは私と同様の定年後世代と思しき男性客が中心である。道理で、前日の予約でもほぼ中央のいい席が取れたはずである。

たっぷり2時間のその映画の感想は、次のような点である。
1.とにかく画像が丁寧できれいである。
2.大型画面のため、迫力満点である。(特に人間と鬼との闘いの場面など)
3.ストーリーが明確でわかりやすい。

最後の「ストーリー性」について補足すれば、勧善懲悪ものなのである。だから、一部にはグロテスクな鬼の映像も出てくるものの、全部を見終わった後の気持ちには爽やかな印象が残るのであろう。どこかの国の「恨」や「復讐」が主テーマで、ののしり合いの場面の多い映画とは大違いである。

とはいえ、何がこの大ヒットに繋がったのかは今だによくはわからない作品である。何の変哲もないように感じたのは私だけではあるまい。

それにしても、近年の映画やドラマのヒット作にはアニメが原作のものが多いと感じるのは私だけだろうか?アニメ以外の小説や映画などでしっかりとしたストーリのものが少なくなったと感じるのは私だけではないはずだろう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ