2020/6/24

母校の同窓会長に就任して  短歌

先日、母校の和歌山大学経済学部の同窓会の会長選挙があり、それに当選して会長に就任した。実質的に活動しているのは2〜3割かもしれないが、登録上は全国に25000人もの大所帯の同窓会である。

私の所信表明では、会の意思決定のメカニズムを見直して周りから見えやすくすること、様々な課題の解決に当たっては一部の役員だけで決めないで若手や地方支部など広く衆知を集めて取り組むこと、同窓会や母校で起こっているできことをSNSなども活用してタイミングよく広報すること、などを掲げたのだが、それが若手や地方支部小規模支部の会員の支持を得たようである。

早速、母校に出かけて学長と学部長にご挨拶をさせていただいた。ご両所からは、大学と学部が置かれている厳しい現実を改めて訴えられ、協力を要請された。当日は事務方の課長職の方々とも打ち合わせをし、同窓会として生活困窮学生への支援ができないかということを打合わせしてきた。まあこれが会長としての初仕事になった。

次には、公約どおり現在抱えている課題を列挙して、5名の副会長(東京、東海、神戸、和歌山、大阪の支部長)にその重要度と緊急度を考慮して「優先度」を検討してもらうように依頼した。2年間の私の任期中にできることとやるべきことを選別するためである。

そのための会長副会長会議も従来は年1回であったが、上記の課題を本気で解決しようと思えばそれで足りるはずがない。WEB会議やメール会議も動員してこれからは毎月1回はコミュニケーションを図ることにする。

課題は山積している。誰かが「火中に栗を拾うようなもの」と表現したが、まさにそうかもしれない。しかし青春時代を過ごした母校、お世話になった母校のために少しでもお役に立てるのならそんなことは厭わずに一つでも多く解決し整理して前進させたいものである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ