2020/6/1

「巣ごもり生活」で気づいたこと  短歌

購読している新聞の土曜面に「何でもランキング」の欄があるが、今週はコロナ禍で長く続く「巣ごもり生活」による在宅が長くなった中で見つめ直した日常として、「気づいたこと」のランキングが掲載されていた。これを妻の節子さんにも読み聞かせて、二人で「あるある感」を共有した。面白かったので、その上位をここにも転載する。

@お金がかからない。
A自宅に不要品が多い。
B活動量が減り、食生活の見直しが必要。
C家族のリスクマネジメント能力。
D家族一緒の食事の楽しさ。
E衛生に気を配り、風邪引かず。
Fレトルトや保存食が美味しい。
G長い通勤は体力消耗が激しい。
H家事上手な家族のありがたみ。
I集中して何かを作る楽しさ。

因みに、併記されていた「挑戦したこと」の中には、「家財の断捨離・掃除」をはじめ「家の中でできる運動」「録画や本など眠るコンテンツの消費」「飲食店のテークアウト」「キャリアアップに向けた勉強」「マスク作りなどの手芸」「通販や宅配サービスの利用」などが挙がっていた。

私の場合は、挑戦したことの中には「WEB会議」のほか「WEB採用面接」や「オンライン飲み会」が加わるが、それにしてもほとんどが思い当たるものであり、どこの家庭でも同じような巣ごもりをしていたことが窺えて何となく安心した。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ