2020/1/23

今こそマナー教育をやるべきだ  短歌

以前にも書いたが、最近は自己中心な人がさらに増えたなあと感じる。それは、街を歩いている時にも車を運転している時にも感じる。

例えば、歩く早さが遅いのに平気で人の前を横切るとか、改札口の前まで来てからにわかにチケット類を探し始める、長い雨傘をもったまま元気よく腕を振る、直進車が近づいているのにその前に急に流入する運転などである。

いずれも、私が個人的に腹立たしいだけでなく、周囲の人の流れを停滞させるし、安全にも関わることがあるから見逃しにはできないことである。しかしながら残念なことに、本人は周りに迷惑をかけていることには気がついていないようで、しゃあしゃあとしていることが多い。

所詮は、周りや全体を見る「余裕」がないのであろう。また、「待つ」ということや「思いやり」を知らないし、相手との距離の「見切り」ができないから、自分のペースで行動するのだろう。

誠に困ったことであるが、何とかならないものだろうか?一説によれば、学校でマナー教育をしていないのは先進国では日本だけである。知識の教育で身につけたものはいずれAI(人工知能)に取って代わられる。

マナーや躾の教育こそ、今の日本人に求められているのではないだろうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ