2009/9/30

会社員との決別と起業スタート  短歌

前述のように本日をもって現職を退職した。同時にサラリーマン、会社員との決別の日であり、40年の日々との決別の日である。

この私が起業、それも株式会社を立ち上げるなんて、誰が予想できただろうか。自分自身でも、しかも今に至ってもまだ信じられないのが実感である。しかしながらそれが現実のものとなってきたのである。

現職の会社のT社長ほか関係者の皆さま方のご理解とご支援によって、この1ヵ月間は起業のための準備に十分な時間をいただくことができたことには筆舌に尽くしがたい感謝の念を感じている。

お蔭さまで、新会社の事業コンセプトづくり、それを会社法に適した形で文書化した「定款」づくり、それを踏まえた「会社設立登記申請」についても2回にわたる事前相談によって、完璧とも言える準備が整った。あとは会社設立日である明10月1日の早朝に法務局へ申請書を届けるだけですべての手続は完了する。

本日も、今後の事業コンセプトを書き留めた資料を持参して、応援いただけそうな研修会社や組織診断ツール開発会社を表敬訪問してきた。皆さんそれぞれ、私のことを先生と呼んだり社長と呼んだり、代表と呼んだりするのである。肩書きは何でもいい、私は私なのだから。それでもこれまでとは何かが違う、何かを感じた。これがサラリーマンと経営者との唯一最大の違いなのかもしれない。

「六十路きて己が理想に旗揚げるちと恥ずかしも胸躍るもの」
3



2009/10/1  6:25

投稿者:マイク岩崎

シュッシュさん、「己が理想に旗挙げる」、その高揚感はたまらないものでしょうね。今日からは「北村社長」と呼ばせていただきます。併せて、親友4人の会合は、MD会議(Managing Director)=社長会議に名称変更します。
弊社の経営理念は、多くの志ある人が「夢実現の旗を揚げる」お手伝いをさせていただくことです。マイク岩崎

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ