2019/11/20

大阪市バスはなかなかいいぞ  短歌

昨年末に亡くなった母親の納骨のため天王寺近くの一心寺に行ったあと、堂島方面に行く用があったのだが、さてどのルートで行こうかとスマホを操作した。すると環状線でも地下鉄でもなく、大阪市バスを使う案内が出た。時間には余裕があるからこれは面白いと考えそれに従った。

1時間に3本ある大阪駅行きのバスは「大阪シティバス」に改名されていたのを初めて知った。車内を見渡すと、ほぼ満席の乗客は高齢者と小中学校生が主体である。多分ほとんどの人は常連なのだろう。

コースは上町筋を北上し大阪城の真横にあたる大手を通過して天満橋あたりからは左折し土佐堀通を西進する。しばらくして肥後橋で右折し四ツ橋筋を北上して大阪駅に向かうものである。

見たことのある景色も初めての景色もあるが、真っ暗な中を行く地下鉄よりも窓外の景色を眺めながら行くバスのほうが断然気持ちがいい。まるで観光バス気分である。所要時間は50分かかるが運賃は一律210円と格安である。安くて便利なのは大歓迎だ。。

おまけに降車する直前には窓の東の空にきれいな満月を見つけた。たまたまの稀有な体験であったが、何となく得をしたような気になったものである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ