2019/8/29

北アルプス西部7日間縦走は大成功!  短歌

8月21日から27日までの7日間は北アルプスの西部地区を縦走してきた。コースは富山から折立登山口に入り、薬師岳、雲ノ平、祖父岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳、鏡平を経て新穂高温泉へ至るものであった。メンバーはいつものドリカム登山会のメンバーである。

実はこのコースは、大学のワンダーフォーゲル部に入部してすぐの8月に燕岳〜槍ヶ岳〜双六岳〜雲ノ平〜薬師岳〜折立までを14日かけて歩いたコースのほぼ半分を逆方向に歩いたものである。つまりは今回の多くの山は実に53年ぶりに訪れたことになる。しかしながら今回は53年前とはいくつかの点で違いがあった。

1つ目はメンバーである。53年前はワンゲル部員だけだから全員が若かったし、人数も8名くらだったが、今回は同い年の仲良し4人組である。私自身はと言えば、19才当時と71才とでは体力には天地ほどの差があるし、50kgであった体重も今や67kgだからこれも大違いである。

2つ目は荷物の重さである。当時は今のような縦長のザックではなく横長で帆布製のキスリングを背負ったし、テントも水を吸いやすい帆布製で、さらには食料まで持参したから約40kgくらいを背負ったものだが、今回はすべて山小屋泊まりだから約8kgに抑えることができた。

先日来ここに書いたように、1年半前の腰椎骨折に端を発する腰痛のために、何度も参加を断念しかけた今回の山行であったが、名人鍼灸師のゴッドハンドによる治療と、メンバー全員による緻密で安全対策を盛り込んだコースプランのおかげで何とか完走できたことは筆舌に尽くせないほどの感動であった。

今回の縦走の成功によって、腰痛もほぼ克服できたし、体力と脚力についても大いに自信を取り戻すことができたが、これは偏に、計画段階から事前のトレーニングそして本番まで、一貫して私を励まし支援し続けてくれた親友たちのお蔭である。「持つべきものは友」を強く実感した。

 槍ヶ岳をバックに(祖父岳にて)
クリックすると元のサイズで表示します

 縦走路からの槍ヶ岳(3180m)
クリックすると元のサイズで表示します

 三俣蓮華岳をバックに休憩中
クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ