2019/8/14

初めての自己お灸  短歌

先日は初めての自己お灸を体験した。お灸そのものは、15年前にぎっくり腰の治療のために体験したし、今回も腰痛治療のために鍼灸治療を受けているのだが、それを自宅で自分でやったのは生まれて初めての体験である。

お灸を据えてもらったことはこれまで何度かあったが、それを自分自身でやることになろうとは思ってもみなかった。だがそれをやることになったのは、今回の北アルプス7日間縦走計画とかかわりが深いのである。

1年半前に患った腰痛圧迫骨折の治療は意外に長くかかってしまい、そのせいで運動不足となり腰痛まで引き起こしてしまったのだが、2年ぶりの北アルプス遠征、それも何と6泊7日の縦走計画を達成するには何としてもその腰痛を克服せねばならないため、15年ぶりで著名な鍼灸治療院の門を叩いたのである。

そのおかげで症状はグングンと回復しているのだが、遠征実施までには日にちの余裕はない。必死に頼み込んで2週間に3回のペースで治療を受けているのだが、ある日先生がこれは特別ですよと言いながら、お灸を1シートプレゼントしてくれたのである。どうしても北アルプスに行きたいのなら、自宅でもお灸をやってみなさい、という親心である。

お灸を据えるツボも教えてもらって、自分でもやってみた。何というか不思議な気分である。写真は、そのお灸の拡大写真と、チャッカマンや灰皿、ツボの位置図も合わせたお灸セットである。先生の熱意に応えるべく、教えてもらった筋トレと共にお灸にも挑戦して、1週間後の北アルプス縦走に何としても成功したい。

 お灸セット(お灸、チャッカマン、灰皿、ツボの位置図)
クリックすると元のサイズで表示します

 お灸本体(拡大写真)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: お灸 ツボ 腰痛対策



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ