2021/7/28

友の「偲ぶ会」を終えて  短歌

先日は久しぶりに京阪沿線の香里園駅まで出かけてきた。目的は3ヵ月前に急逝した親友を偲ぶ会に参加するためであった。彼は同じ会社の同じ独身寮の同じ部屋の住人の3人組の一人であったのだが、そのもう一人の大親友が発起人をしてくれたので、この私は当日の進行係を引き受けた。

会場には、26年前に3人で作った名山会、その後そこから独立したドリカム登山会、そして古代史探訪会の主要メンバーら16名が参集して偲ぶ会は始まった。会場の居酒屋の中央付近の壁には2009年に彼の故郷である大分県の九重連山に登った際に大船山の山頂で撮影した彼の単独写真が飾られている。

会の発起人である大親友は開会の挨拶の中で予め巻紙に書き込んでいた「偲び状」を読み上げ始めたのだが、途中で声が詰まってしまい他のメンバーに代わってもらう場面が2回もあった。そのあとは彼の遺影を眺めながら16名がそれぞれ彼との思い出を淡々と述べていく。

その途中では、「いつかある日山で死んだら」の歌詞で始まる「いつかある日」の歌を全員で斉唱した。メンバーの1人によるフリューゲルホルンの伴奏がいかにも悲しい。閉会の直前では、まるで彼の生きざまを描いたような歌詞で埋められた「愛しき日々」をこれまたホルンの伴奏による全員の斉唱で締めくくった。

実はこの会には亡くなった彼の奥様と同居の次男さんもお招きしていたのだが、次男さんの仕事の関係からコロナ禍の中での大勢が集まる場への参加を見送りたいとの理由で不参加となっていた。やむを得ないことと理解はしたものの、もしご参加いただいていたとしたら、お二方も、自宅では見せなかったであろう故人の別な側面を知ったり、故人が友人達からどれほど慕われていたのかも身をもって知ることになったであろう。それだけが心残りではある。

しかしながら、彼の葬儀にも呼んでもらえなかった我々としては、ようやくこれで彼をしっかりと見送ることができた気がする。この3ヵ月間引きずってきた気持ちの整理がようやくついた気がする。改めてタッチ原田辰雄さんのご冥福をお祈りする。合掌。
0

2021/7/15

本物と偽物  短歌

あるテレビ番組を観ていて感じたことがある。それは俳句の解説とランク付けをする最近人気の番組なのだが、1位か最下位か最後まで残された2人の事前コメントは、1人は「これまでになかった出来だし、それだけの努力をしたので自信がある」というものと、もう1人は「さっきまでの皆さんの作品と講評を聞いていたら、自分の作品の不足点がたくさん見えてきたのでダメかもしれない」というものであった。

これを観ていて、ある場面を思い出した。それは入学試験などの終わった後の場面で交わされる2人の会話である。1人は「自分としてはやるだけやったし満足感があるから、結果もついてくるに違いない」、もう1人は「あそことあそこを間違えたことに気がついた。だから自分には無理かもしれない」というものであった。

もうおわかりだと思うが、ほとんどのケースでは前者の方が不合格となり、後者の方が合格になったのである。それはなぜなのだろうか?

理由は、自分のことを冷静にかつ客観的に観れているかと、自分に都合よく主観的にしか観れていないか、という点にある。また自分自身に対して甘いのか辛いのかということでもあるが、この違いは小さいが大きい。言い換えれば「自己理解」ができているかどうかということにつながり、本物と偽物の違いとも言えるのではないだろうか。

この法則はその他の様々なことにも当てはまる気がする。人間、何歳になっても謙虚で、自分のことを冷静かつ客観的に観ることができることを大切にしたいものである。
0
タグ: 本物 偽物 自己理解

2021/6/20

ワクチン接種の予約が完了したぞ  短歌

新型コロナ対策の最後の砦として、ワクチン接種が期待されており、各市町村では現実に接種率が向上しつつあるようだ。奈良県の中では接種の進行度が一番遅い我が生駒市でもようやく進み始めている。

私自身も先日ようやくその予約が完了した。予約作業は二段階になっていて、先ずは接種券が送られてきて、次に予約方法の案内が郵便と、市が開設したSNSのLINEで届けられた。結果として、1回目は7月15日、2回目は8月5日というわけである。

私の場合は、近所のかかりつけのクリニックで接種してもらうことに決めていたので、何らのストレスもなく実にスムーズに予約ができた。血圧の治療で通っている毎月の診察の際に医師から、どうしますかと聞かれたので、すぐに同意してそのまま予約に進んだからである。

妻の場合は、かかりつけのクリニックがないので、本人の希望により大規模接種会場で受けることを決め、市のホームページで希望日を選んだらスムーズに予約ができた。

友人の中にはわざわざ市役所まで出かけて、職員の態度や説明のやり方にイライラしながらようやく予約できたというケースもあったようだが、こういう件についてもやはり旧来型の訪問型、対面型よりはデジタルを活用した方法のほうが断然優れているようだ。

それは単に利用者にとっての利便性だけではなく、それに関わる職員の手間を取る時間も減らせるし、彼らの業務効率向上にもつながる。さらには言い間違いや聞き間違いなどのトラブルも最小化できるため、トータルでの生産性向上に貢献できる。

政府や自治体のデジタル化の遅れを指摘したり非難するだけでなく、住民、国民自身もそれに協力する姿勢が必要なのである。
0

2021/6/16

デジタルの力を軽視してはいけない  短歌

昨日のNHKの「クローズアップ現代」でアメリカ大リーグで活躍する大谷翔平選手のことが取り上げられていた。大リーグ4年目の今シーズンは所属するエンゼルスの監督も、大谷のやりたいようにやらせるという方針で臨んでいるそうだ。そのせいもあってか、彼の活躍には目覚ましいものがあり、打撃ではホームランや長打率では群を抜く成績であるし、オールスターゲームのファン投票では指名打者部門で断トツの得票数だそうだ。

番組で初めて知ったのだが、彼の大活躍の秘訣の一つは、デジタルの活用にあるらしい。打球や打撃フォームの改良のため、投球フォームの改良のために腕には特殊なセンサーを付けてデータを収集して、それを分析して活用しているらしい。

そういえば、将棋で大活躍を続けて数々の最年少記録を塗り替えつつある藤井聡太2冠も、その強さの秘訣はAI将棋の活用にあると聞く。今はそういう時代ということだろう。その効用は彼一人にとどまらず先輩棋士達も認め、将棋は新次元の段階に突入しているそうだ。

ところが、我々人事の仕事をする仲間の中には、デジタルの力とその活用を意識的に避けている輩がいる。オンラインでの研究会や懇親会を極端に嫌っているのである。一昔前ならともかく、今ではそんなことにこだわって頑なに拒否し続けるのはいかがなものだろうか?

その姿は、何やら手段にこだわり過ぎて目的を忘れているようにも見える。ましてや今は、新型コロナ禍の長期化により何もかもが根底から見直され、これまでとはやり方を変えたり新しいやり方を採り入れることが求められている。

自分のやり方や信念にこだわることを否定する気はサラサラないが、あまりにもこだわり過ぎて自分自身を見失わないようにしてほしいし、それにより折角の力を出せる機会を自ら遠ざけることだけは何とか避けたいものである。ダーウィンが言ったそうだが「最後まで生き残れるのは強いものではなく、変化に対応できるものだけ」だそうである。極めて心配である。
2

2021/5/31

親友の急逝を悼む  短歌

4月22日に50年来の親友の一人が急逝した。この1年半くらい大腸がんと闘ってきていたのだが、最近では抗がん剤の効果も出て順調に回復していて、亡くなる1ヵ月前にもう一人の親友と3人で彼の自宅に近い大きな緑地公園までの軽ハイクを楽しみ、全快を期して一献酌み交わしていた中での急逝であった。急な脳卒中に襲われたらしい。

この記入が今ごろになったのは、しばらくはこのことが受け入れられなかったためで、1ヵ月が過ぎた最近になってようやく受け入れられるようになったからである。

大学を出て初めて社会人になった直後の同じ会社の同じ独身寮の同じ4人部屋の住人という関係が始まったのは1970年の4月だから丸々51年間の付き合いだったことになる。当然ながら、彼との思い出は山ほどある。独身寮時代には、音楽好きな彼はオープンリールのテープデッキを使いこなしてギターなど数種類の楽器での多重録音をしていたし、もう一人の同室の親友と3人であちこちへ気ままなドライブをしたこともあった。もちろんお互いの結婚式には出席してご家族ともお会いした。

47歳の時には、その3人で「名山会」という登山愛好会を作り北海道から九州まで全国あちこちの山々を25年以上にわたり踏破してきた。また私はすぐに退会したのだが彼は古代史にも造詣が深く古代史の会でも活躍し、特に縄文文化にぞっこんであった。もう少し長生きしてくれていたら、その縄文文化が世界文化遺産に登録される見通しとなったという先日のニュースに小躍りしていたに違いない。

上記の3人にもう一人を加えて「四人会」と命名し、時々会って近況を語りつつ飲む機会を作っていたが、その4人目には独身寮のもう一人の同室者が入ったり、9歳年上の山仲間が入ったり、同じ会社の1年後輩が加わったりしてきた歴史があったのだが、彼が亡くなった今ではもうそれも組めなくなってしまった。

幸いにも、常に行動を共にしてきた親友が「彼を偲ぶ会」を計画してくれたので、先日は2人で彼の奥様とお会いしてその計画をお話ししてきた。そこに同席してくれた同居の次男さんは、家族には見せなかった父親の姿や知らなかった一面が知れるのは嬉しいことだと喜んでくれた。

四十九日も終えて少し落ち着かれるであろう7月の下旬にその「偲ぶ会」は開催される。山の仲間や古代史の仲間など15名前後が集まりそうだが、皆にとって彼のことを永遠に忘れないための一大イベントになることは間違いない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ