2020/9/23

同窓会の改革が着々と進んでいる  短歌

6月13日に母校の和歌山大学経済学部の同窓会である「柑芦会(こうろかい)」の会長に推されて投票で選出され就任してから早や3ヵ月が過ぎた。この間、同窓会の改革と活性化は着々と進みつつある。

立候補時の所信表明と就任時の挨拶の中で私が強調したのは次の3点であった。
1.柑芦会における意思決定は、できるだけオープンな形で進めていく。
2.各種課題に対しては、広く会員の知恵と力を結集して組織的に解決していく。
3.広報活動は、そのタイミングや効率、効果も意識して取り組んでいく。

就任後はまず最初に「何から順に取り組むのか」の優先順位についても「会長副会長会」を開催して検討をした。その会議も従来は「集会型」で年1回だけであったものをコロナ禍なので「メール会議」形式にして毎月2回くらい別なテーマで開催してきた。言わば従来の24倍速で重要会議を開いたことになる。

またその諸課題の解決に当たっては、会長と事務局長だけで検討を進めるのではなく「委員会」を組織して、小規模支部や地方支部、現役ビジネスマン世代の人など「より多くの方々」に「少しずつの協力」をしていただけるようにした。今はWEBを使った広報のあり方とそのためのメールアドレスのデータベースのあり方の検討を進めている。

また我々の取り組みが独りよがりなものにならないよう、我々にとっての顧客である経済学部長とのコミュニケーションを密にするため、毎月1回は会ってフランクな意見交換会をやるようにした。その中からは、生活困窮者に対する奨学金ではなく優秀な学生を支援するための給付型の奨学金制度の要望などが学部長から出てきた。

これらの取り組みを通じて目指しているのは単に各課題の解決だけではなく、会員の参画意識や当事者意識を醸成すると共に、その活動の中から次世代の役員候補者を発掘することである。こうして改革を軌道に乗せることができたら、胸を張って次世代にバトンタッチしていけるはずである。2年間の任期でどこまでやれるか、いや今考えている課題は2年間でやり切るのみである。

0

2020/9/18

新型コロナのお蔭かなあ  短歌

朝晩はめっきりと秋らしくなってきた昨日ふと気づいたのだが、この夏は風邪を引くことがなかった。そういえばテレビだったか先日の集まりの中だったかでも、そういう声を聞いた気がする。

どうやらその理由の一つは、この春から世界的に流行したコロナ禍のせいで誰もがマスクをするようになったし、誰もが従来以上に手洗いを励行するようになったことが原因のように思える。

それもそのはず、新型コロナもインフルエンザと同じ種類のウィルスだし、従ってその予防策も共通しているからである。ということは、我々が夏風邪に罹らなかったのは新型コロナのお蔭、とも言えるのではないだろうか。

そこまで言うかどうかはともかく、何ごとにおいてもきちんとした対策をして十分に気をつけていれば、強いウィルスにも感染しないということだけは間違いないようである。

それはともかく、夏だけでなくその前の冬にも風邪を引いた記憶がない。ここ数十年間はなかったことである。厳寒の間中は風に罹らなかったと油断していたら、3月ころになって途端に風邪を引くことが多かったことを考えれば、この一年は本当に健康に過ごせたと言える。

因果ということばがあるが、何ごとにも原因があり結果がある。だとすれば、原因をしっかりと知りそれに対する有効な対策さえしていれば悪い結果には至らずに済む、ということであろう。心して日々を過ごしたい。
0

2020/9/1

北海道と大雪山を満喫してきた  短歌

8月の25日から30日の6日間は、久しぶりの北海道への登山と観光の旅であった。メインの大雪山は日本でも最も紅葉が早く訪れる場所としても知られる北海道第一の高峰「旭岳」(標高2291m)を主峰とする大雪山系の山々である。

登山日の27日は天候もよく、朝5:30に層雲峡のホテルを出発して黒岳へのロープウェイ乗り場まで歩く。6時前だというのにもう10人くらいが始発を待っているので、我々もその列に並ぶ。このあとリフトに乗り換えて登山口に着き、7時前から歩き始める。

いきなりの登りだが、前夜はアルコールも抑えて寝たので、体調はすこぶるよい。しかし約8kgのザックが肩にずしりと重さを感じさせる。標高1984mの黒岳へは快調に登れたのだが、旭岳から下山のためのロープウェイの最終便の時刻が気になって、その後のコースでペースを乱したせいか、徐々に腰と足つきが不調を訴えてきた。

そこで、途中の中岳分岐からは私は旭岳山頂を目指す本体とは別れて、念のために計画していたエスケープルートを下ることにした。一人では行かせないとして、大親友のリーダーが伴走してくれることになった。ところが「裾合平コース」と呼ばれるこのコースがなかなかの雄大な景色を楽しめるコースだったのだ。おかげで山頂隊よりも早くロープウェイ駅に着くことができ、すぐそばのホテルにも早く着いて本隊の到着を待った。

翌日からの2日間は、レンタカーを借りて麓の富良野周辺の観光である。5日目の夜は、大親友の奥様の実家からその兄とその息子さんが予約してくれた海鮮料理店で大豪華なご馳走にありついた。ボタンエビからいくら、イカや鮮魚の刺身やほっけだけでなく、最高にうまい毛ガニまで振る舞っていただけたので、堪能をはるかに超える満足と満腹を味わうことができた。もちろん、地酒の男山のレアな季節限定酒まで振る舞っていただいたものだから、全員がその味を堪能しまくった。

こんなに豪華で大満足の登山と旅行であったが、振り返れば、行程における美味しいお店やホテルを予約してくれた上に件のGotoトラベルキャンペーンの手続きまで全部やってくれた大親友の奥様の、地元出身者ならではの行き届いた配慮とおもてなしのおかげで今回の大満足があったのだということを改めて思い返し、感謝しかない。

いやあ、それにしても北海道はでっかいどおだなあ。北海道と旭川が大好きになった。
0
タグ: 北海道 大雪山 旭川

2020/8/24

初の大雪山登山を前にして  短歌

明日からは5泊6日で北海道に旅行に出る。目的は、大雪山登山と下山後の富良野観光である。北海道への旅行も4年ぶりくらいの久しぶりだが、大雪山登山は初の体験なので楽しみが大きい。

旅程は、先ずは関空から新千歳空港に入り、札幌駅を経てバスで旭川に入る。旭川も初めて訪れる町である。2日目に層雲峡に入り、翌日は朝一番6時のロープウェイとリフトで黒岳の7合目まで上げてもらう。

ここからが大雪山の主峰であり北海道第一の高峰、標高2291mの旭岳を目指し、やはり7合目くらいの姿見駅から旭岳温泉に降るという、約8時間歩き通すタフなコースである。

北海道の山の気象は一般的に、本州の山に1000mくらいを足したものと捉えるべきだと言われているので、細心の注意が求められる。その代わり、本州の山では味わえない独特な風景や感覚が楽しめるはずである。

下山後は、レンタカーを借りて2日間は麓の富良野観光である。ラベンダーはもうシーズンを過ぎているが、雄大な丘や畑が織りなす独特な風景は北海道ならではのものだと聞いている。5日目は旭川市内で打ち上げを行い、最終日は大阪伊丹への移動のみである。

あとは悪天候のないことを祈るばかりである。楽しみ楽しみ!
0

2020/8/20

サプリの携帯ケースの効用  短歌

毎朝、疲れ眼とビタミン剤の2種類のサプリメントを飲んでいるが、その際に愛用しているのは眼のサプリの会社からもらった携帯用のケースである。これがなかなかの優れもので、気に入っている。

何がお気に入りかというと、円形のケースが7つに区分けされているので、ちょうど1週間分入れられるという点である。だから毎週1回サプリを補充するのだが、その度に「ああ、これでまた1週間が過ぎたのだなあ」とわかる点がいい。

現役会社員時代には、人事業務の種類によって「季節感」を感じていたものだが、独立起業後はそれがなくなって年中仕事をしている始末であり、仕事や生活の面で季節感を感じることは少なくなってしまっている。そういう中で、季節ではないが1週間という時間の感覚を示してくれるのがこのサプリの携帯ケースなのである。

そう考えていくと、他にも似たようなものがあった。それは顧問先の3社に対して毎月1回郵送する請求書の作成である。これは1ヵ月という時間の感覚を思い出させてくれる。ああ、そういえば他にもあった。大親友との体重削減、体力増強の報告書である。これも随分長く続いている。さらには「メートル読書会」の報告書も1ヵ月単位であった。

こうして考えると、会社員時代とはただ年齢が重ねられただけでなく、時間や季節の感じ方の材料・手段も大きく変わってきたのだなあとつくづく感じる。それというのも、こうして元気で古希を過ぎて仕事ができ、山登りなど好きな趣味にものめり込める体力と気力があるからである。改めてお天道様に感謝したい。

  サプリメントの携帯ケース
 クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ