2019/5/23 | 投稿者: shoji

SHOJIです。

1,天皇が交代すると、元号が変わる。そのたびに「新しい時代」と騒いで
時の政権もお祭り騒ぎをして、結果として商売が繁盛する。これも私達日本
人には必要でしょう。これが私の元号の実感です。

2,しかし、「改元」を契機にこれまでの社会のあり方をレビューし、その
課題を検討し、将来の方向を明確にするというメリットは感じている。
これも日本社会の一つのあり方である。

3,そこで、連休を活用して、朝日、西日本、インターネット情報を読み
あさって見ました。

「平成」の30年については、「思考停止社会」(高村薫、小説家、女性)
「縮小社会への軟着」(西日本新聞社説2019,4,30)など否定的なラベルが
目につく。
「今のところ解決の処方箋は見当たらない。希望を持ちながら知恵を絞り
したたかに生き抜く力が求められる」(西日本、2019.5.1)

高村は「新しい日本人が求められる。どんな困難が伴おうとも役目を終えた
システムと組織もここで順次退場させなければ、この国に新しい芽は吹かな
い。常識を打ち破る者、理想を追い求めるもの、未知の領域に突き進む者の
行く末を阻んではならない」と書いてある。
私には納得のいく方向の一つだと思う。

水無田気流氏(詩人、社会学者、女性)も「日本はたかだか20年の高度成長
期に安定した社会を構築した。(中略)組織では責任をとらない人が生き残
るシステムが残存している。リスクを取る人が評価されるよう変えていく必
要がある。」としている。彼女の主張には具体性が豊富で世界的視野もあり
注目したい感じを持ちながら読んだ。

4,データに見る令和時代の予想図
朝日、西日本新聞の4月29日〜5月2日までの記事や図表を私なりにまとめて
みた。

@ 国と地方の借金1200兆円(2028年)
A 65歳以上の高齢者が3人に1人
B 生産年齢人口が6千万人を割る。現在の自治体の半数が消滅する可能性
あり。など財政面、人口環境で日本の国が縮小環境にあることが予想されて
いる。社会保障制度など様々な制度設計の見直しが求められよう。
平成の表面的繁栄のウラに流れている厳しい現実面が見える化した表である。

5,対応策
「処方箋なし」だが、希望の持てる提案もいくつか出ている。肯定的な側面
をみていきたい。これからは私の意見が入り込んでいる。

@ 少子化への歯止め。子どもが第一優先!!
フィンランドに学ぼう。フィンランドは出生率1.8と2009年、堀内都喜子、
フィンランド豊かさのメソッド、107頁)安定している。先進国で出生率が
安定している国は法律婚中でも外でも生まれた子どもには、徹底して国が経
済的支援、親支援をを行っている。日本でもこの制度は学んで良いと思う。

A 「政治」への関心を高めるには高村は「今の日本にかけているのは
『政治学』ではないか」と指摘している。大切な指摘です。私からすると
政治学ではなく、『政治』への関心を高めることだと思います。

別の言い方をすれば、”政治”は私達の日常生活と密着していることを私達は
理解していない。「政治は議員さんがすることで、私達には関係ない」と
理解している。
商品の価格制度などのすべてが政治に結びついています。

しかし、日本の文化、制度の中で生活していると、私達は政治と関係なく
生活しているように思えます。「政治は選挙の時だけで、日常生活とは関係
ない」という認識を持って生活しています。

この文化に慣れていた私は、フィンランド体験で、フィンランドではすべて
政治と関わりがあるからとフィンランド人は認識しているように感じました。
これは驚きでした。

未来不安におびえている経済大国の私達の表情と、経済小国だが幸福そうに
人生をおくっているように見えたフィンランドとの違うところである。

B 税金への関心を高める
もう一つ、日本を変えていくチャンネルの一つに税金問題があると思ってい
ます。
フィンランドや北欧の人々の感覚は、税金は社会投資であって、それに見合
う生活保障があるので、高い税金を納めるとの感覚のようです。
「食費は17%、他の商品は22%、ガソリンは60%、所得税も20%、ちょっと
給料が増えると30%と手元に残るお金はわずか」(全掲書102頁)
「高いけれど目に見える形で税金が日常の生活に戻ってくる」という感覚が
あるようです。

一方、私達の日本では高額の税金を支払っているのに、私達は政府や自治体
の税金の生かし方にはほとんど関心を示していない傾向があると思っている。
例えば私達は自分が所属している研究室などでは、会費の使われ方などに厳
しい目を光らせている。ところが税金になるとその使途にほとんど関心を持
たなくなっっている現状がある。

政治への関心の低さと、税金の使途に関する無頓着なことに注意を向けると
日本ももっと主権在民国家感覚が我々に根づいてくるのではないか。
3

2019/5/2 | 投稿者: naoko

NAOKOです。
   
新しい会場で第6回「わたしたちの自由音楽会」を開催出来ました。
当日参加された方、残念ながら参加出来なかった方々も想いを寄せて・・
ご一緒にいた感じがしています。。

自由音楽会では、表現したいこと、やれること、少しの挑戦もありでみんな
それぞれが自由な暖かい雰囲気の中でありたい自分でいることができました。

私もSHOJIも本当に楽しませていただきました。みなさまのおかげです。
DVDのできあがりが楽しみでもあり、恥ずかしくもあります。

6回も実現できているのは、関心を持って下さっているみなさまのお陰です。
特に会場の確保に盡力下さっているTAKAMATSUさんに感謝です。建築の賞を
もらったくらいの素晴らしい木造建築ホールで音響環境も良く、気持ちが
楽になるようでもあり癒やされました。

本番では以下の7曲。想いを語るMCと演奏を行いました。

⑴ ドレミの歌 
⑵ Let it Be
⑶ 時には昔の話を
⑷ <還暦祝いコーナー> When a child is bone.
              男どうし
⑸ アイデア
⑹ 私の青空

続く二次会の2時間はまた多様性に富んだ歌あり語りありの時間空間でした。

演奏中はなかなか写真を撮ることが難しいので一枚の雰囲気をご覧下さい。
クリックすると元のサイズで表示します

来年も続けることになりました。
音楽好きのかた、歌や楽器を奏でに遊びに来て下さい。
3

2019/4/18 | 投稿者: shoji

SHOJIです。

春休みのリハビリテーション
―老いることの体験―
   

T.はじめに
1月下旬から3月中旬まで、動きまわっていて、面白い体験でした。
集中講義(2泊3日)を下関と大阪で1回ずつ。下関は「第一ホテル下関」で毎年、
部屋から唐戸市場や海峡が見れて、観光気分になれるのが楽しみである。関大で
はPCAGIPを楽しんで小さな気づきがたくさんあったし、院生のフィードバックで
私の教育姿勢について気づくことがあった。集中講義に東京・鹿児島・名古屋か
ら来たお客さん(研究仲間)と1泊2日、東亜大村山ゼミの院生達とお別れパーテ
ィをした。これらについてはいずれ書くことにしたい。PCAGIP体験記録が2つも
出来てしまった。
こんな調子で充実した体験でした。

U.私のこまりごとー老いを生きること
(1)一方、3月中旬、終業式が終わって、一段落ついたり、あることでパソコン
を活用した“オープンダイアローグ”をすることになり、面白かったが、疲れを
感じていた。春休み中に新学期に備えて、自分のからだや心身のいたわりが
不安な感じがしてきていた。
・口腔内が完治せず、うっとうしいこと。
・講演中に数回、左足が痙攣を起こしたので、靴を脱いで、裸足になって続行し
たことがあった。
・パソコンを打つと1時間程度で疲労感が出てきてコーヒーブレークが必要にな
っている。

V.様々な医療・支援機関の受診とその体験
(1)内科受診
ある病院の内科外来を受診した。例により、インテークで予診30分程度看護師
さんから聴取を受けた。30分待って、内科診察室へ。高齢(?)と思われる白
髪の医師が私の訴えを聞いて“喉”をちょっと診察する。「喉のことは機械が
ないので、診察できません。他病院の耳鼻科にどうぞ」これで5分ぐらいでし
た。受診の意味なし。
(2)歯科医受診
これはかかりつけでした。数か月、診療を休んでいた。歯槽膿漏と歯の掃除で
ある。歯科医師が、喉や口内を診察して「悪い疾患や舌ガンなどではない!口
腔内をきれいにすることがポイント。」と説明あり。さっそく、患部に薬を塗
布、あとは歯科衛生士による歯石取り作業で30分。これで症状はすぐ減少。目
下、週1回40分程度、歯科衛生士による歯石取りに通院している。これは継続
していて、すぐ効果があった。口内炎がすぐ軽くなり、2〜3日で症状が消え
た。目下、継続治療中。
(3)理学療法士受診
次男から近所でもあり評判の療法士を教えてもらい、本人もときどき通院する
ので、一緒に行ってくれた。次男の紹介がとても助かった。マンションの1階
を改造して洒落たオフィスであり、看板は○○工房とか書いてあったと記憶し
ている。予約制で、およそ50分程度診察。背の高いスマートな男性理学療法士
さんは大変感じが良く、適確に事態に対応してもらった感じがした。
姿勢の写真撮影から、その映像を見ながら説明してくれたこと。@私の姿勢は
前かがみA脚の傾向ありB歩行時に右足に負担が掛かっている。悪いのは左足
でなく、右足である。C両足の指の間の距離がない。これを離すことが治療で
ある。特性の“タビ”を2足買わされて、毎日着用するように指示された。
D足指を丁寧にマッサージして血行を高める。E靴を買い替える。歩行と足指
間距離を保持するのに靴の新調。1足は2万円、他の1足は3万円。ムーンスター
ゴムで購入できると処方。
実に適確で、丁寧で、無駄が少ない感じである。診察料とタビ2足とカウンセラ
ー料で15,000円でした。高額がだ値打ちがあると感じた。1回だけで済んでいる。
靴をネット通販で購入するのに2週間も経過してしまった。痙攣症状は減少した。
新しい靴の具合はまだ分からない。全体としては 調子が上向いてきている感
じがする。
(4)整体師、Kさんとの接触 ―不思議な体験―
これまでも年2回程度、鍼灸師に世話になっていました。この方に電話したら、
廃業されたと奥さんが出られた。そこで新しい整体師を探してみた。インター
ネットで探して、六本松にある診療所に行ってみた。ここは私には向かなかっ
たので1回でやめた。以後、インターネット情報はやめることにした。院生や
知人に評判を知っている人はいないかと考えたら、Nさんがいたことを思い出
した。早速、メールしたところ、知り合いでときどき通院することもある鍼灸
師を紹介してくれた。しかも場所が分かりにくいので、Nさんが1回目は車で送
迎してくれてとても助かった。2回目3回目がすみ4回目の予約をしている。や
っと私に合いそうな整体師に出会ったのかも知れない。
整体師Kさんとの不思議な体験
Kさんのオフィスは居酒屋の2階にあるマンションである。玄関の間と奥の診察
室(ベットが1台)だけのシンプルなオフィスである。70歳代?の男性である。
健康保険が効くので助かるし、かつ料金が安い。いずれにしても、ちょっと不
思議な人なので書いてみたくなった。
60分きっかりの施術中に話してくれたKさんの修行話がとても面白かったので
書いてみたくなった。Kさんが私に話したことであり、私の施術をしながらの
話だし 私は安心して ボーっとして聞いているので、記憶も正確でない。
以下の話は、多分に私の脚色が多く、Kさんの話の忠実な再現ではないことを
まず申し上げておきたい

話の全体は 研究の仕方、日本文化の特徴などが、私が日頃考えていて、院生
達によく話していることとあまりに共通点が多いのでびっくりした。整体師さ
んから、臨床心理学にも通底する「学問論」を聞くことになるとは全く予想し
ていませんでした。意外性と新鮮性に驚きました。Kさんの整体術の背景にあ
る生き方の骨子や哲学を感じました。
@「天才から盗んで自分の“わざ”を磨く」
Kさんは(若い頃)全国の有名な整体師のところに弟子入りしてきたらしい。
そこで一生懸命修行するうちに、「その天才達の真似は出来ない」だから、
自分が出来ることを取り入れることにしているとのことだった。それが終わ
ったら、次の天才のところに弟子入りすることを繰り返してきたと語った。
これは、私の考えている心理臨床の学び方と大変共通していると感じた。
A「理論でなく実践が役立つ」
この世界(業界)は人の役に立つ、世の役に立つことがポイントであり、
理屈ではない。しかし、施術中に、Kさんは筋肉やからだの構造の話をして
いたので、理論を無視していない。2回目の施術中も、この筋肉は、とか、
ここはからだの中枢でとか語ることがたびたびであった。
絶えずあたらしいことを取り入れていらしい。
B 「こちらの力を抜いて、相手の自然治癒力を活用するのです」とも語
った。これもロジャース流のカウンセリングと共通している。
「安全な関係を創る」と本人の自然治癒力が活性化すると考えている。
これと別に、私は結構 からだに力がはいり,力んでいるじぶを感じた。
これを抜くのは簡単ではなさそうである。
➃アメリカ文化のこと
私が1972年3月から1974年8月までサンディエゴに滞在したことを話すと、
(Kさんの滞米経験については確認していない)Kさんはすぐ反応した。
アメリカ研究所の特徴は、「専門家相互が対等な関係を保っている。
上下関係はない」と語った。また「ダメなものはすぐ捨てて、良いもの
をドンドン取り入れるので変化していく」と述べて、日本の権威崇拝を
批判した。学会発表で権威者と異なる意見を述べるとバッシングが来る。
D筋膜療法は15年前のアメリカ文献の紹介、盗用ではないか」
これは「NHKためしてガッテン」番組で紹介された肩こりの筋膜療法の
ことの話だった。Kさんはこの療法を15年前にアメリカの文献ですでに読
んでいて、その有効性は知っていた。だから自分の施術でも使っている。
ところが、「ためしてガッテン」番組では、日本の大学教授が発見した
と紹介している。私自身もこの番組をよく見ているし、筋膜の番組も見
たし有効そうなので私も実践している
他人の発見を無断で使う日本の文化のこわさを感じておられているらしい。
E人間の筋力などの部分治療でなく、全体を活性化する全体論を持っている」
内科、歯科、理学療法の受診と際立って異なるところは、私のある部分を見
ているだけでなく、全身の活性化を念頭においていることが印象に残っている。
F「私を大切にしてくれることが伝わってくる」感じする
60分フルに整体ワークをしてくれるがその際、指 脚 肩 脹脛などを
じつに丁寧に大事に扱ってくれる感じが伝わてくる。
G 「終了後は からだが楽になる、軽快になる。力みが抜ける」
W おわりに
@10回程度継続したら、私自身できるところが出てくるかもしれない。
A老いとは こうして 様々な専門家の支援を受けながら、自分の良さを活
かして生きることなのだろうねきっと。
Bやっと4月からの新学期で動ける自分になってきつつある気がしています。


(NAOKOにこの原稿をブログに掲載する割り付け作業を MIEKO NAKAYAMAさん
に原稿をパソコン入力作業を していただきました。記して感謝します。)

4

2019/3/19 | 投稿者: naoko

NAOKOです。

昨日、SHOJI & NAOKO は二人とも空き時間があったので二丈に出かけた。

先月はまだまだ寒くて車から降りると、急いで小屋まで走り込みたくなる
季節だったが、さすがに三月の半ば、昨日は気温もゆるみお天気もよかっ
たので、あたりをゆっくりまわりながら歩くことが出来ました。

すると、小さな野花が〜こちらを見て〜と言わんばかりにほほえみかけて
来ているのに気がつきました。大袈裟ですが丸一年ぶりの再会になります。
世間で言う普通の花々なのに可愛くてカメラに納めたくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
日陰スミレというのかな


クリックすると元のサイズで表示します
名前は知らないけれどきれいに咲いている


クリックすると元のサイズで表示します
カラスノエンドウ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
くさイチゴ(野いちご)

クリックすると元のサイズで表示します
毎年咲いてくれる鉢植えのクリスマスローズ

早春の花々との再会がいとおしくなるのもお歳のせいなのでしょうかね。
SHOJIの方はというと、その間薪ストーブの火をを起こすのに苦闘して
いたのでした。ともかくこんな風にスローライフを楽しんだ一時でした。
4

2019/2/5 | 投稿者: shoji

SHOJIです。
      <EGは日本社会を変えるのにどう役立つか>

⑴ 先日の新年会に駆け込んで「読書会」を企画にあげてしまいました。
「読書会」ではなく「今、関心のあることを明確にするため、本を自分で
読んでみたい。」が本音でした。

⑵ フインランド社会に触れて、様々なインパクトが心の中でざわめいて
います。フィンランド関連の本を読んでいます。

⑶ 現代社会は日本もフインランドも21世紀に向けて変化していく方向を
模索していると感じています。

⑷ その方向は「当事者性の尊重」「対話」「複雑な状況に耐えていくプ
ロセスの信頼」と三つです。
少なくともPCAとオープンダイアローグはその方向をめざしていると私は
考えています。

⑸ 50年にわたる私どものEG活動から「対話性」「当事者性」「プロセス性」
とは何か? をより明確にするためには、われわれのEG体験、PCAGIP体験と
オープンダイアローグ体験や仮説との「対話」が先ず必要で、今、その作業
をしています。
かなりの共通志向と相違点があることに気づいています。

⑹ フインランド体験からのヒントは、日本のEG体験は「政治性」をもっと
意識して検討することでEGが社会変革につながるのではないかと思いはじめ
ています。
この点もロジャーズは心理療法における政治性(Politics)に注目していま
す。ちなみに日本では「政治性」という言葉は使いにくいのですが、本来は
決定権がどこにあるかという視点が重視されるのだと思っています。



最後になりましたが、新年会のお礼です。

⑴ IWASAKIご夫妻の手料理をたっぷり味わい、正月気分を楽しみました。
ありがとうございました。
また田島の自宅まで車で送っていただきありがとう。

⑵ 鍵開け人のみなさまにもお礼申し上げます。


参考:小熊英二「社会を変えるには」 


 
3




AutoPage最新お知らせ