10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/7/20

ディープ、世界ランクトップに輝く  

10日にIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された「トップ50ワールドリーディングホース」で、宝塚記念(GI)を快勝したディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)が125ポンドに評価され、日本馬として初めての首位にランクされた。

 今回の発表は今年1月1日から7月10日までに施行された世界の主要競走を対象としており、昨年の凱旋門賞(仏G1)の勝ち馬で今季初戦のタタソールズゴールドCを圧勝したハリケーンラン Hurricane Run、今年のコロネーションC(英G1)を制し、前回のランキング1位のシロッコ Shiroccoも首位タイとなっている。

 また、ドバイシーマクラシック(首G1)を制し、前回3位(123ポンド)だったハーツクライは7位タイとなり、日本ダービー(GI)を制し二冠を達成したメイショウサムソンが118ポンドで28位タイに初めてランクインした。

 その他では、フェブラリーS(GI)の勝ち馬カネヒキリが118ポンドで28位タイ。シンガポール航空国際C(星G1)で悲願のG1制覇を果たしたコスモバルクと、天皇賞・春(GI)2着のリンカーンがそれぞれ117ポンドで42位タイにランキングされている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ