10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/1/28

クロッカスS、アドマイヤカリブが底力を見せる  

 28日、東京競馬場で行われたクロッカスS(3歳OP、芝1400m)は、武豊騎手騎乗の1番人気アドマイヤカリブ(牡3、美浦・小島太厩舎)が道中は4番手を追走、直線は逃げた2番人気ステキシンスケクンとの叩き合いをアタマ差制してして優勝した。勝ちタイムは1分21秒7(良)。さらに3馬身差の3着には5番人気ユーワハリケーンが入った。

 勝ったアドマイヤカリブは、父サクラバクシンオー、母ルビーマイディア(その父Gone West)という血統。半兄にJRA現3勝のイルデパン(牡6、美浦・尾形充弘厩舎、父ダンスインザダーク)、従姉に05年フェアリーS(GIII)3着のサザンビューティー(牝3、栗東・小島貞博厩舎)がいる。03年セレクトセールにて5000万円で落札されていた。05年6月のデビュー戦で初勝利。続いて挑んだ函館2歳S(GIII)では1番人気に推されるも、勝ったモエレジーニアス(牡3、北海道・堂山芳則厩舎)から僅差の3着。続く前走のジュニアC(3歳OP)では再度1番人気に推されたものの、キンシャサノキセキ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)からハナ差の2着に敗れていた。通算成績4戦2勝。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ