10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/2

柏木集保 土曜メインレース展望「コーラルS」  

ダート1400mのわりにはそう厳しいハイペースにはならない公算大。逃げ一手型も、強引に先行策を取りに出る馬もいない。

 このダート1400mに[4-3-2-1]の良績を残すエコルプレイスに期待する。理想は揉まれない外枠からの発走だが、この組み合わせなら被されてモタつく危険は少なく、最内の1番枠も死角ではないだろう。

 ダート1400mで松永幹騎手とのコンビは3回あり2、3、3着。あと一歩のところで勝ち切れていないものの、好位でうまく折り合い、4コーナーで抜け出そうとする正攻法の形が出来ている。今回、行くとすればサイレンスボーイぐらい。すんなり流れに乗れること必至だ。阪神コースのダート1400mでは10月のシリウスSと、12月のギャラクシーSの2戦。1分23秒2と1分22秒9で、ともにあと一歩の惜敗の2、2着。京都や他のコースより明らかに合っている。

 先行のサイレンスボーイと前走のすばるSで負けているツルマルファイターの2頭が強敵だが、岩田騎手にチェンジしてきたニューベリー、勢いに乗る4歳ハリーズコメットあたりに抜ければ好配当だ。

 中山のメインもダート。人気の中心はタイラントシチーだが、同馬は格上がりだけに、差すハギノベルテンポの方を軸にしたい。

 この馬、東京での直線一気のイメージが強烈すぎるが、右回りが下手なわけではない。

 右回りのダート1700m以上に出走は3回だけだが2、1、2着。実は一度も崩れていない。中山ダート[0-0-2-3]は距離1200mの下級条件当時のもので、追い込み切れなかっただけ。距離1700mでのレース振り、あるいは東京1600mの好内容から、1800m(初)もまず心配ないだろう。前方のタイラントシチーを見ながらの追走。斬れ味では明らかに一枚上だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ