10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/12/3

2歳新馬戦(西)、結果速報  

 3日、阪神競馬場で行われた6R・2歳新馬(芝1400m)は、藤田伸二騎手騎乗の3番人気ドラゴンウェルズ(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)が、好位追走から直線伸びて、先に抜け出した圧倒的1番人気(130円)エイシンチョーテンに1.3/4馬身差つけて優勝した。勝ちタイムは1分23秒0(良)。さらに1.1/4馬身差の3着には6番人気ロドリゴダンサーが入った。

 阪神5R・2歳新馬(ダート1400m)は、四位洋文騎手騎乗の3番人気マンオブパーサー(牡2、栗東・大久保龍志厩舎)が道中4番手から直線外に出して鋭く伸びると、先行して粘る7番人気メイショウチョイスに3.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分27秒3(良)。さらにクビ差の3着には、追い込んできた6番人気ユーガットテーストが入った。
 勝ったマンオブパーサーは、父タヤスツヨシ、母タツプユアトウズ(その父State Dinner)という血統。半兄に99年エルムS(GIII)3着のリワードタイタン(父ジャッジアンジェルーチ)がいる。また、タヤスツヨシ産駒は、同日の中山競馬場で行われた2歳新馬(牝、ダート1200m)を勝ったジラソーレ(牝2、美浦・笹倉武久厩舎)に続いて新馬戦を連勝し、JRA現2歳世代、4頭目の勝ち上がりとなった。

 中京2R・2歳新馬(ダート1000m)は、赤木高太郎騎手騎乗の2番人気アサヒカレンダー(牝2、栗東・梅田康雄厩舎)が好位追走から直線抜け出して1番人気ロングエンパイヤに3馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分02秒0(良)。さらに1.1/2馬身差の3着には3番人気パシコグランルビーが入った。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ