10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/10/29

橋田師マンボのイレ込み心配〜天皇賞  

天皇賞・春の覇者(2)スズカマンボは坂路で4F62秒6、1F16秒0をマーク。「ちょっとカッカしている。当日にイレ込まないか心配だね」と橋田師は心配顔だ。対照的に同厩舎の(17)アドマイヤグルーヴは角馬場で落ち着き払った動き。同師は「若い頃ほどテンションが上がらなくなったし、思い通りの体つきだ」と手応え。金曜朝の気配で2頭には明暗が分かれた。

 ≪バランス確実に良化≫休み明けを叩かれた(18)バランスオブゲームは着実に良化している。この日は角馬場で体をほぐした程度だったが、動きを見守った宗像師は納得の表情。「前走後は全く反動がなかったから、この中間思い通りの稽古が積めた。上積みも大きいと思っている。枠は大外になってしまったが、スタートもいいし、この馬のポジションを取っていい競馬をしてほしい」と話していた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ