10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/8/18

マーチ手応え36秒/札幌記念  

重賞連勝を狙うスズノマーチは、札幌芝コースで同じく札幌記念出走のコイントスと3歳500万のエアサバスを追走した。道中のゆったりしたペースにも掛かることなく、直線入り口ではスッと2頭の内に入った。手応え十分のままハナ面を並べると、最後はぴったり3頭併入でフィニッシュ。6ハロン79秒5、上がり36秒0−11秒9(馬なり)をマークした。「まじめな馬で今日も一生懸命走っていた。追いかけたけど終始手応えあったし、最後まで伸びていた」と北村宏騎手は笑みを浮かべる。
 前走エプソムCは最内をつく技ありの競馬で重賞初勝利を挙げた。以前は決め手不足で勝ち切れないレースが続いたが、今年に入ってからは瞬発力勝負にも対応できるよう成長した。「決まった型のない馬だし、流れに合わせた競馬をしたい」と北村宏。弥生賞2着で将来を期待されてからの足踏み期間は長かったが、本格化した今ならG2も決して壁にはならない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ