10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/6/30

トップガン好調キープ〜ラジオたんぱ賞  

重賞路線でも奮闘した確かな力。トップガンジョーのパワーは坂路モニターを通しても、ストレートに伝わってくる。4F52秒9〜1F12秒4。一見、地味な時計は鞍上がガッチリ手綱を抑えて計時したもの。坂路調教でおなじみの理論派・和田師が「中2週でもあるし、暑い時期。そんなに速い時計は必要ないでしょう。前走(エーデルワイスS2着)の出来はキープできている」と、柔和な表情で語れば納得もいく。

 毎年コンスタントに勝ち星を重ねてきた和田厩舎だが、今年は特に活躍が目立つ。先週の福島は4勝の固め打ち。今年19勝で全国リーディング9位、関東3位と飛ぶ鳥を落とす勢いだ。同師は「(昨年11月末に)美浦の坂路の計測距離が延びた効果は絶大だった」という。トップガンジョー自身、昨年9月に472キロだった体は、今年5戦は486〜504キロとパワーアップして安定。2勝馬の身ながら、G2スプリングSで3着に好走。皐月賞(10着)まで駒を進めた。同師は「とにかく、馬がしっかりしてきた。皐月賞の後、エーデルワイスS(2着)→ラジオたんぱ賞は予定したローテーション。東京巧者のイメージがあるけど、中山で負けた時は出遅れなどが響いた。前に行ける脚もあるし、小回りコースは大丈夫。スプリングSで好走した1800メートルもピッタリ」と初タイトルの手応えを感じている。

 1つだけ悩みがあるとすれば除外の危険だ。賞金800万円の17頭中13頭が出走OKだが。4頭は除外対象。同師は「出走できるか?それが一番の鍵でしょう。厩舎の勢いで何とか抽選を突破してくれないかな…」と祈る思い。新パートナーにはカズサラインをファルコンSで重賞Vに導いたローカルの鬼・中舘を指名。桶狭間の再現をみちのく福島でも…。それが波に乗る和田師の腹積もりだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ