10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/5/26

インパクト ナリブー以来の社会現象  

追い切りの舞台となった栗東トレセンは早朝から異様な雰囲気に包まれていた。テレビカメラ9台、報道陣の数は80人を軽く超えている。

 報道クルーの取材証には「北海道」「福島」「石川」など普段のトレセンでは見かけない地名、社名が並んだ。すべてはディープインパクトがお目当て。そしてNHKのクルーも姿を見せた。28日の「サタデースポーツ」内のトピックスとして取り上げるという。

 JRA広報室や他の放送関係者によれば「レース前にニュース素材として1頭の馬を取り上げることは極めて珍しい。おそらくナリタブライアン以来だろう」とのこと。負け続けることで人気となった高知競馬のハルウララなどの特殊な例ではなく、純粋に強さだけをクローズアップして1頭の馬に迫るのは約10年ぶりの現象。

 それだけではない。競馬とは縁がないはずのメディアも動いていた。東京のFMラジオ局、J―WAVEの早朝番組「チャレンジ・スポーツ」内でインパクトの3冠挑戦を追いかける応援企画がスタート。「インパクトの強さはケタ違い。1人のアスリートを応援する気持ちで企画した」と森谷文晶プロデューサー。

 東京競馬場の各入場門前にはすでにファンが陣取りを始めている。ディープインパクトの存在は競馬の枠を超えた広がりをみせようとしている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ