10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/30

フェイマス“ここしかない”!〜天皇賞  

天皇賞・春は1日、京都競馬場でゲートイン。突出した人気馬が不在で混戦が予想されるが、G1で3着2回、2着1回のシルクフェイマスが千載一遇のチャンスとばかりに燃えている。

 昨年は天皇賞・春3着、宝塚記念2着、有馬記念3着。ここ一番で惜敗を喫してきたシルクフェイマスにチャンスが訪れた。ゼンノロブロイ、タップダンスシチーがいない今回は絶対にモノにするしかない。こんな好機は2度とないかもしれないのだ。

 そのことをよく知る陣営は究極の出来に仕上げてきた。京都記念10着後は前哨戦の阪神大賞典、日経賞などには目もくれず、天皇賞だけに照準を合わせて調整してきた。短期放牧、そして丹念に時計を積み上げ、雰囲気は申し分ない。「昨年秋は天皇賞、有馬記念の時が八分程度。今回は順調に仕上げられた。今の状態をキープすればいい」と門田助手は有馬記念時以上の仕上がりと明言。万全の状態で大一番を迎えられる。

 気になる天気も、どうやらもちそう。京都記念では重馬場に闘志が空回りした。「ツメも走り方も良馬場仕様。思うように進めず、イライラして行きたがり、結果としてガス欠になった。何とか良馬場でやらせたい」(門田助手)。その祈りが通じたか、今週の関西地方は好天が続き、気温も上昇。レース当日に少々の雨が降ってもビクともしない良馬場が出来上がっている。ようやくめぐってきた大チャンス。陣営一丸で盾を獲りにいく。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ