10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/24

砂実績で万哲トロフィー〜フローラS  

サイレントハピネス、マックスキャンドゥ、マニックサンデー、オイワケヒカリ、ニシノハナグルマ。フローラSの最近10年の優勝馬で、5頭は共通点を持っていた。賢明な読者なら答えはお分かりだろう。そう、いずれもダートで勝ち星があった。しかも、ハナグルマを除く4頭はダート1800メートルでV。東京芝2000メートルはスピード以上に、パワーとスタミナが要求される過酷な舞台。「ダート実績」は穴馬探しのキーワードになるはずだ。

 ◎セリーナトロフィーはダートで2、1着の好成績がまず頼もしい。しかもフローラSに直結するダート1800メートルでV。初芝の前走・ミモザ賞(3着)は先行集団から勝ちにいく好内容だった。レースパイロットに0秒2差の惜敗だったが、芝のレースを経験していれば結果は違っていたかも…。久保田師が「馬体を併せる形だとしぶとい」と称える牝馬離れした根性の持ち主。父スペシャルウィーク譲りのスタミナを武器に、先行集団で粘り込む形が理想だ。馬単(4)=(3)(4)=(13)に(4)から(15)(1)(6)(7)(8)

 3連単はフォーメーションで1着欄(4)、2着欄(3)(13)(15)、3着欄(1)(3)(6)(7)(8)(13)(15)の18点。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ