10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/19

ディアデラ、武で甦る/フローラS(日刊スポーツ)  

武豊騎手(36)と新コンビを組むディアデラノビア(牝3、栗東・角居)が、クラシック出走に向け勝負をかける。東京開幕週のメーン、オークスTRのフローラS(G2、芝2000メートル、24日、3着までに出走権)に出走する同馬は、賞金不足のため、大一番出走にはここでの好走が条件。桜花賞出走馬相手でも通用する末脚を持っており、能力を出し切れば目標達成は可能なムードだ。
 ディアデラノビアにとって、負けられない一戦になった。人気を集めた近2走の桜花賞トライアルで敗れ、現在、賞金は800万円。このままでは桜花賞だけでなく樫の舞台へも上がることができない。新馬−特別を連勝した期待馬。まさに試練の東上になる。
 1番人気に推された2走前のチューリップ賞、連闘で臨んだ前走のフィリーズレビューは、ともに消化不良のレースとなった。角居師も「力を出し切れなかった」と振り返る。2走前は出遅れた上に、直線ではあん上がのけぞるほど前が詰まった。前走はテンが忙しく脚を使わされた分、差し届かなかった。決して力負けではない。
 持ち味は牝馬らしい切れ味。チューリップ賞を除く3戦では、すべてメンバー中最速の上がりをマークした。東京の直線525・9メートルは絶好の舞台になる。デビュー2戦目の白梅賞では、桜花賞4着のエアメサイアを封じ込めた。前走も負けはしたが、桜の女王ラインクラフトとはコンマ1秒差。上がり34秒2は勝ち馬をコンマ1秒上回った。桜花賞には出走できなかったが、出走組とも十分勝負になる計算だ。
 13日に行われた1週前追い切りは、Cウッドコースで5ハロン67秒2、しまい11秒8。連闘後の疲れも見せず切れのある動きを披露した。角居師は「体もふっくらしてきたし、具合はいいね」と確実な成長を感じ取っている。
 馬名は、アルゼンチンの「恋人の日」に由来する。今回、新しくパートナーを組むのは、皐月賞を勝ち、今年早くもG1・2勝を決めた武豊騎手だ。1週前追い切りで初めて騎乗し「ちょっと掛かりそうな感じもあるけど、いいスピードを持っているし楽しみだね」と好感触を得た。天才ユタカに導かれ、何としても樫の権利を取りたいところだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ