10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2005/4/18

インパクト圧勝!無敗で1冠/皐月賞  

平成の天馬がクラシック第1関門の皐月賞をあっさり突破した。単勝1・3倍と断然の支持を受けたディープインパクト(牡、栗東・池江泰郎)が2着に2馬身半差をつける圧勝劇で、まずは1冠を奪取した。01年のアグネスタキオン以来、史上16頭目の無敗の皐月賞馬となり、ダービー制覇へ向けて、大きく弾みをつけた。武豊騎手(36=フリー)は皐月賞史上最多タイの3勝目。2着には12番人気のシックスセンスが入った。

 4コーナー手前だった。デビューから初めてディープインパクトに左ムチが打ち込まれた。この1発で闘争本能に火がついた。前を走るのは8頭。大外を一直線に突き抜ける。直線で武豊がさらに右ムチ1発を打つ。残り150メートルで先頭に立つと最後の右ムチ1発。ライバルたちとの差はグングン広がる。まさに異次元の脚。インパクトは空を飛んだ。1馬身、2馬身。シックスセンスに2馬身半もの差をつけ、余裕のフィニッシュ。上がり3ハロン34秒0の決め手で、力の差をまざまざと見せつけた。ゴール手前では流す余裕すらある楽勝劇。目の前での衝撃に8万5000人で埋め尽くされたスタンドが揺れた。

 「直線は本当にいい脚を使ってくれた。パーフェクトですよ。走っているよりも飛んでいるような感覚」。武豊の声には安堵(あんど)と興奮が入り交じった。「4コーナー手前で馬がやめようとしたから初めて使った」(武豊)ムチが、インパクトの恐るべき潜在能力を呼び起こすことになった。

 スタート直後は波乱を予感させた。ゲートが開いた瞬間につまずき、外にヨレた。「一瞬ノーリーズンの菊花賞がよぎった」。名手の脳裏には、1番人気の支持を受けながらスタート後に落馬した02年菊花賞の悪夢がかすめた。だが、直後に慌てなかったのが天才たるゆえんだ。1、2コーナーでは急がせず後方2番手を追走。向正面からはジリジリと押し上げた。「前に行かせようとすると反応してしまう馬。勇気がいった」。細心の注意を払った。掛かることなく、そしてリズムを崩さず、繊細さと大胆な決断でエスコートした。

 96年の皐月賞はダンスインザダークが発熱で回避。98年はスペシャルウィークで挑んだが3着に沈んだ。トップジョッキーの地位を築き、維持する武。出走にこぎつけるまでの過程の難しさ、レースでの厳しい流れが現在の円熟に表れている。「プレッシャーというか、期待を背負う責任感があった。大一番で今日は好騎乗とは言えなかったですけどね」。レース後のイベントでは、自らに厳しかった。

 「まず1冠」。表彰式で武はインパクトの背中の上で、左手の人さし指を突き出した。先日引退した岡部幸雄氏は、シンボリルドルフの皐月賞の表彰式で指を1本、ダービーでは2本立て、名馬誕生を予感していた。2冠、3冠を意識した武のポーズにほかならない。

 この後は予定通り5月29日東京のダービー(G1、芝2400メートル)に向かう。波乱の歴史に彩られた第1関門を突破したことで、大きく道は開けた。「かなり楽しみな馬です。この馬に出会えてよかったと思う」。名手の視線の先には、3歳馬の頂点が見えている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ