10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/12/10

アラカルト  

●蛯名正義騎手
 このレース初勝利。2歳馬のGIも初。JRA重賞は05年クイーンS(GIII、レクレドール)以来で今年初勝利。GIは02年マイルCS(トウカイポイント)以来約4年1か月ぶり12勝目。JRA重賞は通算72勝目。

●池江泰寿調教師
 04年の初出走以来、JRA重賞は初勝利。ディープインパクトらを管理する池江泰郎調教師は父。ドリームジャーニーの父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンは父の管理馬だった。

●ステイゴールド産駒
 5年前(01年12月16日)の香港ヴァーズ(香G1)勝ち馬で、現2歳が2年目産駒。この勝利が産駒初のGI勝利となった。重賞勝ち馬は今年のマーメイドS(GIII)を勝ったソリッドプラチナムに続く2頭目。

●父内国産馬の勝利
 88年サクラホクトオー(父トウショウボーイ)以来18年ぶり。

●母の父メジロマックイーン
 今年4月3日に19歳で死亡。母の父としては重賞初勝利となる。主な産駒にエイダイクイン(クイーンC-GIII)、タイムフェアレディ(フラワーC-GIII)。

●サンデーレーシング
 馬主のサンデーレーシングは、04年菊花賞を勝ったデルタブルース、04年中山大障害(JGI)、04年中山グランドジャンプ(JGI)を勝ったブランディスに続き3頭目のGI勝ち馬で4勝目。

●白老ファーム
 同馬の父ステイゴールドも同牧場生産馬。過去の生産馬にゼンノロブロイ(有馬記念-GI)、タイムパラドックス(ジャパンCダート-GI)、ショウナンパントル(阪神ジュベナイルフィリーズ-GI)、ドリームパスポート(神戸新聞杯-GII)など。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ